カウンセリングから5か月、診察での画像比較が楽しみになってきました

芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋、そして八代亜紀(ド定番)。

 

○○の秋というのはたくさんあります。
最近だと『ハロウィンの秋』も定着してます?(言われてるか知りませんが)

 

わたくし近藤は運動好きということで、メインは『スポーツの秋』です。

 

と言いながら、秋だからって特別何かが変わるわけではないので、スポーツの夏でもあって食欲の冬でもあり…

 

そういえば昔、「太ってたらダメだ、ダイエットしないと」が口癖だったバイトの先輩が「食欲は、キンチョ―の夏、緩和(かんわ)の秋」って言ってたのを思い出します。

 

先輩曰く、夏は食中毒や夏バテに対して緊張感を持ち、秋はサンマだ!松茸だ!って美味しいものを、夏に食べられなかった分を少し取り戻してもOK、という意図らしい…
でも、年がら年中人一倍食べていたような…(苦笑)。

 

そんな蚊取り線香的なおやじギャグやおやじ体形はともかく、ストレスフリーの点だけはぜひとも見習いたいですね。

 

さんま(秋刀魚)といえば、岩手県気仙沼市の「さんま祭り」が中止になったほど今年(2017年)は大不漁みたいですね。

 

ただ「さんまは目黒にかぎる」でおなじみの落語にちなんで毎年開催されている「目黒のさんま祭り」は、無事開催されたとのこと。

 

やっぱり秋には必ず一度は食べたいですから、これ以上不漁が続かないように祈るばかりです。

 

「AGA治療は新橋の銀クリにかぎる!」

 

ということで今回も診察&メソセラピーの施術を受けてきました。

 

AGA改善を確信できたとはいえ、慢心することなく常にキンチョ―感は持っておきたいと思います。

季節の変わり目にも抜け毛は増えることもあるそうです


診察はカウンセリングから5か月、すでに7回目なので慣れたものです。

 

もはや正木院長とは「あうんの呼吸」、「つうかあの仲(死語!?)」で、何も言われなくても頭の撮影に備えます。
ってそれはあうんの呼吸とは言わないか。

 

というより一方的に親近感を抱いて申し訳ありません(苦笑)。

 

それぐらい正木院長に対して僕は心を開いているということでお許しください。

 

院長先生は画像をパソコンに取り込みながら、いつものように診察までの1か月間の状態や薬による体調変化がないか質問します。

 

僕はありがたいことに、カウンセリング以降まったくといって体調の不安がなく、薬の副作用ももちろんなければ、風邪すら引かない状態でした。

 

なので、余計なことを考えずにAGA治療に専念できて良かったです。

 

「○○は風邪引かない」
というツッコミは右から左にムーディーに受け流しておくとしましょう。

 

体調も問題ないということですが、抜け毛が増えたなどの変化はありましたか?


 

いえ、抜け毛はいつもと同じくらいだと思います。

 

半年くらいでまた抜け毛が増えたりするんですか?


ちなみに治療から1、2か月は、新しく成長した髪の毛が抜けやすい髪の毛を押し出すので抜け毛が増えると言われてました。

 

近藤はとくに実感はなかったんですけど…

初期脱毛について詳しく解説した記事はこちら

AGA治療で髪が抜ける!? 初期脱毛のメカニズムと対処法

 

いえ、治療開始から半年ということではなく、夏から秋のように季節の変わり目に抜け毛が増える場合があります。


 

そうなんですか。

 

今まで治療してない時も、季節の変わり目には抜け毛が増えてたのかな、ただ自分が気付かなかっただけで。


 

もしかしたらそうかもしれませんね。

 

抜け毛が増えたとしても、季節の影響もあるということでとくに心配する必要はありません。

 

ただ不安に感じた時は、もちろん遠慮なくご相談ください。

 

では画像を比較してみましょうか。

 

こちらが今回で、初回がこちら。


 

何だか初回の自分が自分じゃないように思えるくらい違いますね。


 

近藤さんの場合、頭頂部にまだ頭皮の見えている箇所はありますが、2回目3回目と側頭部のあたりから徐々に頭頂部に向けて黒い部分が増えていってるのが分かると思います。


 

本当だ、どんどん黒い部分が増えてる。


 

しかも1本1本が太くなってきていますから、後頭部の方も、つむじの頭皮部分がだんだんと見えなくなってます。


 

たしかに。

 

だからだと思いますけど、最近職場で「髪増えたね」ってよく言われるようになりましたよ。

 

もちろん僕がAGA治療をしていると知ってる人からですが。


 

それは良かったです。


 

自分では半信半疑でも、周りからも言われると本当に改善してるんだ、と自信になりますね。

 

なので今日のメソセラピーの施術は、気持ちよくなってることもあってすぐに寝られそうです(苦笑)。


残念ながら、診察で撮影された画像は今回もお見せすることができません。

 

半年経過すると貰えるそうなので、後ほど自撮りした画像で比較したいと思います。

 

というわけで、診察は終始気分の良いまま終了し、メソセラピーの施術のため10階に移動しました。

 

メソセラピーの施術と三種の神器(近藤命名)の購入


前回のメソセラピーでは、スタッフから髪が増えてきているとお墨付きを頂いたわけですが、今回のスタッフからも同じように言ってもらえました。

 

実は2か月前にスマホのメール着信音で恥ずかしい思いをした時のスタッフで、その時はまだ改善が見られたくらいのレベルだったからか、とくに何も言われてなかったんです。

 

先ほど画像を見ましたが、頭頂部もつむじもかなり黒い部分が目立ってきていますね。


 

ありがとうございます。

 

とくにつむじの方とかって自分ではなかなか確認できないので、そうやって言ってもらえると本当に改善してきているんだなぁと実感します。


診察でも職場でも髪が増えたと言われるようになってきたとはいえ、実際何度言われても嬉しいことですし自信にもなります。

 

メソセラピーの施術を受ける前なのに気持ち良くなってしまいました。

 

そんな夢心地の自分が意識を取り戻したのは、スタッフの「終了です」の声。

 

施術の気持ち良さとの相乗効果で、思いっきり「爆睡」していたようです(苦笑)。

 

メソセラピーは今回で7回目ですが、何度受けても寝てしまうくらい気持ち良いということです。

 

ただ着信音の失敗に加えて、いびきや歯ぎしり、寝言を言ってたら…とコンマ何秒か不安になりましたが…

 

自称ポーカーフェイスの近藤は、冷静さを保ちながら髪をセットして帰る準備をします。

 

次回のメソセラピーが8回目の区切りとなりますので、それ以降の治療方針などは、次回院長からもお話があると思います。


 

僕自身は今後もメソセラピーを受けるつもりではいますが、次回の診察でいろいろと聞いてみます。

 

今日はありがとうございました。


メソセラピーが終わり、寝ぼけ眼(まなこ)のまま受付へと向かいます。

なるほど、よくみると診察券には8回分しか予約日の記載がない。

 

スタッフの言うように、まずは半年を一区切りとして、薬の処方であったり、メソセラピーをどうするかなど、院長先生と今後の方針を決めていくからでしょう。

 

ということで、受付では今までのように次々回(2か月先)の予約をすることはなく、支払いのみでした。

 

今回、三種の神器、メソケアシャンプー、リブートローション、ボタニカルヘアプロテクターが、来月までに使い切ってなくなる可能性があったのであわせて注文しました。

 

なので、いつもより多く支払ったわけですが、短髪のおかげか三種の神器は半年以上持つし1か月に換算すれば大した金額にはなりません。

 

それにプライベートが充実してないから大きな痛手(出費)にはならないし…ってちょっと悲しい…

 

画像比較するとAGAの改善がよく分かります。


メソセラピーの施術後は、薬剤を落とさないように6時間お風呂に入れません。

 

そのため銀クリの日は、「月曜から夜ふかし」ならぬ「風呂に入れないから夜ふかし」です。

 

ただ夜になればなるほど元気になる近藤は、常に夜ふかしなので大したことありませんが…

 

昼間仕事をしている時にもその元気さが欲しいですね(苦笑)。

 

ちなみに「月曜から夜ふかし」とは日本テレビ系列のバラエティ番組です。

 

というわけで、今回の画像です。

 

1枚目が頭頂部で2枚目が後頭部です。

 

そして、初回カウンセリングとの画像比較はこちらです。
左が初回、右が今回の画像となっています。

さらに左が前回(1か月前)と右が今回の比較です。

光の加減やサイズの違いは自撮りのためご了承ください。

 

初回との比較では、当時の自分が嘘のように思えるほど改善しているのが分かります。

 

前回の1か月前とでも、頭頂部は光の加減で若干分かりづらいですが、つむじは頭皮の見える部分が減っています。

 

ただ、何度も自分に言い聞かせてますが、こういう調子に乗りそうな時だからこそ「油断大敵」なわけです。

 

気持ちを切らすことなく「継続は力なり」という言葉を信じて、今後も地道に治療を続けていければと思います。

ところで、月に1度は新橋に行ってるというのに、何もしないで帰ってくるのはもったいない感じもしています。

 

診察&メソセラピー後は夜ふかし確定で時間もあるのでね。

 

「馬の鼻先に人参をぶら下げる」イメージで、銀クリの日は毎月のご褒美として美味しいものでも食べて帰ろうかと思っています。

 

ただ、新橋周辺の銀座や赤坂あたりは僕にとって高級すぎるおしゃれなお店ばかりで…

 

すべてのお店が一見さん(いちげんさん)お断りのように見えてしまいます(苦笑)。

 

「天高く馬肥ゆる秋」でもありますし、近藤の体質的に太る心配もありますが、何よりもストレスフリーが大事なわけですからね。

 

まぁ太ったら太ったで、今度は結果にコミットする某ジムのCMに出るのを画策すれば良いですし。

 

「転んでもただでは起きぬ」を実践します。

 

と、また話は逸れてしまいましたが、次回はカウンセリングから半年ということで、さまざまな動きがある予定です。

 

今後の方針など、診察やメソセラピーで分かったことは、この体験談で報告していきたいと思います。

 

僕が通っているAGA治療専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』

【AGA治療体験記】季節の変わり目は抜け毛が増えるかも、でも心配いりません

・初回カウンセリング費用:無料 ・初期費用:3,240円(税込) ・1ヶ月あたりの料金:約7,000〜18,000円 ・人気と実力を兼ね備えたAGAクリニック

銀クリ 銀クリ

ライター情報

近藤あきら。薄毛ジャパン代表。25歳を過ぎた頃から頭部に暗雲が立ち込め始め、気が付けば徐々に毛が生えない荒野と化していった。はげを治すべく、育毛剤などを試すも効果が見られず。最後の頼みの綱として、都内にあるAGA専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』で治療を受けることを決断。

【前の体験記】【AGA治療体験記】画像比較で改善を確信!他の薬を併用したら副作用が出るかを質問してみた


【育毛剤や発毛専門企業に騙されたくない方は…】
AGA治療にたどり着くまでに調べてわかった育毛剤・発毛専門企業の真実


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAクリニック 比較