AGAってナニ?

以前は男性の脱毛症といえば、年齢に関係なく「ハゲ」や「薄毛」などと呼ばれたものですが、最近では「AGA(エージーエー)」という名称をよく耳にするようになりましたね。

 

ハゲよりもよっぽどスマートな響きのAGA(Androgenetic Alopecia)は、「男性型脱毛症」や「男性ホルモン型脱毛症」などと訳されるのが一般的で、思春期以降に男性ホルモンの影響を受けて発症する、進行性の脱毛症のことを指しています。

 

なんと、日本人の薄毛の9割以上がAGAといわれています。

 

ところで、こうしたAGAの定義を聞くと「なるほどね〜」なんて納得はしつつも、同時に「じゃあ、ほかの薄毛となにが違うの?」という疑問が湧いてきませんか?

 

AGAは、これまでハゲと呼ばれていた薄毛や脱毛症とは、どんな違いや共通点があるのでしょうか。
さまざまな種類の脱毛症の特徴を確認しながら、AGAとの違いを見ていきましょう。

 

AGAと老人性脱毛症の違い


これまでは髪の毛が薄くなるのは、特定の疾患がない限りすべて老化現象ととらえられてきました。
いわゆる老人性脱毛症ですね。

 

老人性脱毛症は、老化によって体毛を作ったり維持したりする器官が衰えていくために起こるもので、頭部全体が薄くなる傾向があります。

 

そして老化現象ですから、髪の毛以外の体毛も抜け落ちることがありますし、男性だけでなく女性にも見られます。

 

改善は容易ではないものの、栄養をしっかり摂ってスカルプケアやマッサージをするなどの対策によって、多少は進行を遅らせることにつながるでしょう。

 

ところが、老化が原因とされるには若すぎる年齢から脱毛が始まるケースもあり、それがどうやら悪玉男性ホルモンと呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)の影響でヘアサイクルが乱れて薄毛になっていくらしい、ということがわかってきたので、老人性脱毛症と区別されるようになりました。

 

それがAGAで、体毛にはほとんど変化がなく、頭部の生え際やつむじから薄くなっていくのが特徴です。

 

生活習慣を整えながら、DHTの生成をおさえるフィナステリドや、血流を改善しながら毛根のはたらきを活発化させるミノキシジルが配合されている薬剤を使用する治療方法が、効果を発揮します。

 

そんなAGAと老人性脱毛症ですが、実際には線引きが難しく、老年の場合でもAGAの症状が見られたり、AGAが徐々に老人性脱毛症に移行したりすることがあります。

 

老化は個人差も大きいので、どちらかに決めかねる例もありますし、きっちりとした判定基準があるわけではありません。

 

一応は60歳以上で進行がゆるやかであれば老人性脱毛症、というような分け方がされていますが、AGAという新たなカテゴリーができてから、これまで老化現象と思われてきた薄毛も実はAGAだった、というケースも少なくないのですね。

 

ちなみに、若年性脱毛症や壮年性脱毛症という呼称も時々聞かれますが、どちらも老年期前に始まった脱毛症で、単にAGAを年代で分けたものです。

 

なにせ薄毛の9割以上がAGAなのですから、ほかの脱毛要因がなければ、老年期前の薄毛はほとんどがAGA、と思って差し支えないでしょう。

 

円形脱毛症とは?


円形脱毛症は、ジワジワと髪が細くなって薄くなっていくAGAとは違い、突発的に髪の毛がゴッソリと抜けてしまいます。

 

また、生えているところと抜けているところの落差が激しく、丸くポッカリ脱毛しているのが特徴なので、見た目からしてもAGAとの違いは歴然でしょう。

 

割とよく見られる脱毛症なので、自分に経験がないとしても、身近に円形脱毛症になったことがある人の話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

原因はいまだにハッキリとは解明されていないものの、もともとアレルギーや自己免疫疾患がある人がなりやすく、ストレスや疲労により自律神経の乱れ、感染症などが引き金になり、自己免疫細胞が暴走するため、という説が有力です。

 

免疫細胞が毛根を異物とみなし、攻撃してしまうことによって脱毛が起こるので、中には円形におさまらず、頭部の広い範囲や全身の体毛が抜け落ちる例もあるのです。

 

ある日突然起こる円形脱毛症は、実際になってみるとかなりのショックを受けますが、自然に治っていくケースがほとんどですので、それほど深刻な脱毛症ではありません。

 

皮膚科を受診すると、ステロイドや抗ヒスタミン剤が処方されます。

 

長引く場合は、冷感刺激によって自己免疫反応を取り戻す雪状炭酸圧抵療法、特殊な薬品を使った局所免疫療法がとられることがあり、症状も治療法もAGAとはまったく異なっています。

 

脂漏性脱毛症と粃糠性脱毛症


脂漏性皮膚炎が原因となって髪の毛が抜ける脂漏性脱毛症は、過剰に分泌された皮脂に頭皮の常在菌が繁殖し、毛穴に炎症が起こることによる脱毛症で、強いかゆみを伴い、毛穴付近にかさぶたができるという特徴があります。

 

AGAはかゆみやかさぶたが見られることはないので、脂漏性皮膚炎による脱毛とは明確に区別ができることでしょう。

 

皮脂の過剰分泌は体質のせいもありますが、ストレスや栄養不良、生活リズムの乱れによってホルモンバランスが崩れると起こりやすくなります。

 

そうなると、常在菌であるマセラチア菌は皮脂を好むため異常増殖し、皮脂中の中性脂肪を分解していくのですが、そのときの分泌物が毛穴に刺激を与えてしまうのです。

皮脂についてもっと詳しく知りたい方はこちら

皮脂が抜け毛の原因説ってどうなの?脂とAGAの真の関係にせまる!

マセラチア菌はカビ(真菌)の一種なので、治療には抗真菌薬や抗生剤を使い、ステロイドやビタミン剤も処方されることがあります。

 

自然治癒は難しいので、もし脂漏性皮膚炎が疑われたら、速やかに医師の診察を受けましょう。
治療開始が早ければ早いほど、慢性化を防ぐ可能性が高くなります。

 

そして脂漏性脱毛症と似た症状として、粃糠(ひこう)性脱毛症というものがあります。

 

粃糠性脱毛症は頭皮の角質が乾燥し、大量のフケが発生して毛穴を塞いで炎症を起こすことによって脱毛が始まります。

 

こちらも角質に常在菌であるマセラチア菌が繁殖し、かゆみや炎症を引き起こします。

 

つまり、ベタベタかカサカサかという違いだけで、同じような問題を抱えているのですね。

 

治療方法もだいたい共通していて、とにかくマセラチア菌をおさえることが最優先されます。
その上で頭皮を清潔にし、生活環境を整えていくことが必要となります。

 

AGAとほかの脱毛症の関係


このようにAGAや老人性脱毛症だけでなく、症状や治療方法が異なるいろんな脱毛症の種類があるのをおわかりいただけたでしょうか。

 

そして今はAGA以外の症状がなくても、これらの脱毛症がAGAと併発する可能性はゼロではないので、普段から自分の脱毛状態をチェックしていきましょう。
というのも、すべての脱毛症にストレスが関係していて、それはAGAも例外ではないからです。

 

ストレスを受けると、男性ホルモンの一種であるテストステロンが減少し、体内のホルモンバランスが乱れてさまざまな体調不良を引き起こすのです。

 

そう聞くと、テストステロンが減るなら、男性ホルモン型脱毛症であるAGAには好都合なのでは?と思ってしまいがちですが、実はそうではありません。

 

テストステロンが減ると、それを補うために、体はテストステロンより10倍〜15倍も男性ホルモンとしてのはたらきがパワフルなDHTを急いで作り出そうとします。

 

DHTがAGAの主な原因のひとつであることは、もうすでにご存知ですよね。

 

そしてこのDHTは、皮脂の分泌を促進させる作用もあるため、脂漏性脱毛症の原因になるだけでなく、頭皮環境を悪化させてしまいます。

 

AGAを含めたすべての脱毛症は、ストレスや乱れた生活習慣が大きなきっかけのひとつとなります。

 

ぜひとも日ごろから気分転換を心がけ、規則正しい生活を送りながら、どんな脱毛症にも負けない身体を作っていきましょう!

 

私が通っているAGA治療専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』

そもそもAGAってナニ?ほかの脱毛症との違いをおさらい

・初回カウンセリング費用:無料 ・初期費用:3,240円(税込) ・1ヶ月あたりの料金:約7,000〜18,000円 ・人気と実力を兼ね備えたAGAクリニック そもそもAGAってナニ?ほかの脱毛症との違いをおさらい

銀クリのAGA治療体験記はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAクリニック 比較