テストステロン

テストステトロンは、睾丸と卵巣、副腎(ごく微量)で生成、分泌され血中をめぐっている男性ホルモンの一種です。

 

テストステロンの働きは筋肉量を増やして男性らしい骨格を作ったり、ひげや体毛の成長を促したり、生殖器の発育にも大きな影響をもたらすホルモンです。

 

テストステロンが多く分泌されることでやる気が出たり、自分に自信がついたりとさまざまなメリットがあることから、女性が唯一本能的に惹かれてしまう男性ホルモンとしても知られています。

 

テストステロンは直接的に脱毛に関与しているわけではなく、頭皮内の毛細血管から分泌されるテストステロンが毛乳頭や皮脂腺から分泌される5αリダクターゼによってジヒドロテストステロン(DHT)に代謝されてしまうことによってAGAが起こってしまうのです。

 

AGA治療で服用するプロペシアは、薬用の成分であるフィナステリドが5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを阻止し、脱毛を防いでくれます。

 

ということは、AGA治療を受けると、テストステロンを減らすことなく薄毛を解消することができるというわけです。

 

5αリダクターゼ


5αリダクターゼは還元酵素で、テストステロン(男性ホルモン)と結びつくとジヒドロテストロン(DHT)変換する働きがあります。

 

このジヒドロテストロン(DHT)がAGAの直接的原因になる男性ホルモンで、5αリダクターゼ自体が薄毛の原因ではありません。

 

AGAの原因は男性ホルモンそのものではなく、5αリダクターゼに代謝された男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)だということです。

 

5αリダクターゼには1型と2型があります。

  • 1型5αリダクターゼ

    脂症タイプの人に多く分泌される傾向があり、全身のあらゆる細胞に存在していますが特に皮脂腺に多く存在します。

  • 2型5αリダクターゼ

    髪の毛を作り出し成長させる毛乳頭から分泌され、特に前頭部や頭頂部やヒゲの毛乳頭に多く存在します。

このことから、AGAの原因としては2型の5αリダクターゼの方が大きく関係していることが分かってきました。

 

さらに、5αリダクターゼが多く生成されてしまう体質は遺伝的要因も大きいと言われていて、親や親族にAGAによる薄毛の人がいる場合は高い確率でAGAになってしまうことも分かってきました。

 

AGA治療で処方される内服薬プロペシアは、この2型5αリダクターゼを抑制する効果があるため、初期段階のAGAでプロペシアを使用すると比較的すぐに効果が表れると言われています。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)


テストステロンが還元酵素5αリダクターゼによって代謝されてできるのが最強の悪玉男性ホルモンといわれるジヒドロテストステロン(DHT)です。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)は、普通の男性ホルモンの5〜10倍も毛根を委縮させる力があり、薄毛を促進させてしまう強烈なホルモンはAGAの元凶だと言われています。

 

その他にもジヒドロテストステロン(DHT)には皮脂を分泌する作用があり、皮脂が頭皮にある毛穴を塞いで髪が育ちにくい体質になってしまいます。おでこがテカっている人や髪がべたべたするといった人は、かなり高確率でAGA予備軍と言ってもいいでしょう。

 

薄毛以外にもジヒドロテストステロン(DHT)の作用は、体毛の増加・精力減退・前立腺肥大などあまりよいものがありません。

 

通常の男性ホルモンであるテストステロンを補うために作られるジヒドロテストステロン(DHT)ですが、これだけ良い作用がないのになぜ作られるのかといった点についてはまだ解明できていないようです。

 

ただ、AGA治療や予防のためにはテストステロンを2型5αリダクターゼによってジヒドロテストステロン(DHT)に返還させないという方法しかないのが薄毛治療の現状です。

 

ミノキシジル


ミノキシジルは、AGA治療で塗り薬として使用されます。

 

ミノキシジルには発毛させるという作用が認められていて、血行を促進し血管を拡張することで育毛を促す効果があり、脱毛スイッチが入ってしまった毛根の再生も行うことができます。

 

通常AGAクリニックで治療を受ける際は、プロペシアを服用し、ミノキシジルを頭皮に塗布するといった施術を行います。

 

プロペシアで抜け毛を防ぎミノキシジルで発毛させることが目的なのですが、最近ではミノキシジルのタブレットも販売されていて、こちらの服用は頭皮以外の部位からの発毛も促してしまうので髭や体毛が濃くなってしまいます。

 

また二つの成分を同時に服用することで体への負担も大きくなってしまうので、薬でAGAを効果的に治療したいという方は、専門医の診断の元治療を進めていくことをおすすめします。

 

プロペシア


プロペシアは、抜け毛の原因である悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する作用があります。

 

悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロン5αリダクターゼが結びついてしまうことで生成されるホルモンです。

 

プロペシアが直性働くのは5αリダクターゼ抑制に対してだけなので、抜け毛をなくすことはできますが、発毛させることはできません。

 

このプロペシアは服用方法や取扱方法を誤ると大変なことになってしまう特殊な薬品で、未成年者や女性、特に妊婦さんは触れることも禁止されています。

 

プロペシアのジヒドロテストステロン(DHT)生成を抑制する作用は、胎児の正常な生殖器の発育を阻害する恐れがあるためです。なのでもちろん女性は服用もできません。

 

AGA(男性型脱毛症)の進行を抑制してくれるプロペシアですが、取扱いには十分な注意が必要になるので、AGA治療を行う際は専門医の指示に従って安全に進めることをおすすめします。

 

管理人が通っているAGA治療専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』

AGA用語集【薄毛の原因・対策の基礎知識】

・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,000〜18,000円
・人気と実力を兼ね備えたAGAクリニック

銀クリ 銀クリ

銀クリのAGA治療体験記はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAクリニック 比較