AGAは早めの対策が必須

「髪が薄くなってきたな、もしかしてAGA?」と感じたら、なるべく早めに対策を始めましょう。

 

AGA(男性型脱毛性)は早期に手を打つことで進行を食い止めたり、改善できる可能性が高くなるのです。
長期的な戦いとなりがちなAGA治療は、スタートダッシュがものをいうのです。

 

しかし、今の自分が何をしていいかわからなければ意味がありませんよね。

 

そこで、これからAGA治療を始めよう!というあなたに必要な対策を紹介します。

 

始めやすい育毛剤


AGAと聞いて、真っ先に思いつくのが育毛剤を使用する対策ではないでしょうか。

 

かくいう僕も育毛剤は色々と試したクチです。

 

CMやドラッグストアでもよく目にしますし、通販でも簡単に手に入れることができる育毛剤は、薄毛対策の第一歩にはピッタリなイメージがありますよね。

 

さまざまな種類が売られていて、インターネットでも「これが効いた!」「あれはいまいちだった」などという口コミが盛んに書き込まれているので、購入前に何となく効果がありそうな商品はわかるものです。

 

では、実際の効果はどのようなものでしょうか。

育毛剤の効果は?


最近の育毛剤は、以前よりも効果を実感できるといった口コミが増えてきており、選択肢も増えてきました。各メーカーが研究開発にしのぎを削っているためです。

 

ただ、たくさんある中から、自分に合ったものを探し出すのは、とても大変なことですよね。実際、僕も調べれば調べるほどどれがいいか分からなくなった経験があります。

 

育毛剤を使ったらいきなり髪の毛が生えるということはないので、あれこれ試すことはできません。そんなに即効性があったら、最初から薄毛になんて悩まないですしね。

抑えておきたいポイント

髪の毛には成長期、退行期、休止期というヘアサイクル(毛周期)があるため、育毛剤の効果がわかるのに一定の期間が必要です。

 

使用経験がある人の感想もある程度は参考になりますが、体質や薄毛の傾向は人それぞれなので、ほかの人には効果があったからといって、自分にも効くとは限りません。

 

効果が出ないばかりか、配合されている成分が肌に合わず、頭皮が荒れるなどして、かえって悪化してしまうこともあるのです。

 

毎日の抜け毛がAGAか生理現象なのか知りたい方はこちらの記事をチェック

市販されている育毛剤は…

一般的な育毛剤は文字通り「育毛」のためのもので、「発毛」効果は期待できないと考えたほうがいいです。

 

あくまでも、まだ活動している毛根部を刺激し、頭皮環境を整えて髪の毛を育てるためのものなのです。

 

中にはAGA治療薬と同じ成分が配合されている育毛剤もありますが、医薬品であるAGA治療薬と比べると配合量はかなり少なめです。

 

それもそのはず、育毛剤の多くは医薬部外品なので、治療を目的とした医薬品とは別物です。

 

医薬部外品とは、一般の化粧品とは違い、厚生労働省がなんらかの有効性が認められる、ということで認可したものですが、「治療」ではなく「予防」に重点を置く、というスタンスとなっています。

 

髪の毛が細くなり、少し減ってきたと感じる初期の段階であれば、育毛剤によって髪の毛の元気を取り戻せることがありますが、発毛を目指すには、少し心もとないところです。

 

初期段階のAGAや、予防目的、現状維持に使うもの、と捉えておくのがいいです。

AGA治療の歴史


育毛剤と並んでAGA対策として挙げられるのが、医療的なアプローチによるAGA治療です。

 

某お笑いコンビの「お医者さんに相談だ」のCMあたりからAGAという言葉が急に認知され始め、いまでは薄毛に悩んでいる人なら誰もが知っているものになりました。

 

日本では2005年にプロペシアが医療用医薬品として販売が開始されたことがきっかけでAGA治療が始まりました。

 

当時プロペシアは、世界で初めて認可された服用タイプのAGA治療薬ということで、かなりの注目を浴びました。

 

AGAの大きな原因のひとつとされる、悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を抑える効果がある画期的な薬で、AGA治療を根本から変えたといっても過言ではないでしょう。

 

医療用医薬品ですから、医師の処方が必要となるため、一般病院の薄毛外来やAGA専門のクリニックが登場し、今に至ります。僕が通ってAGA治療をした銀座総合美容クリニック(通称:銀クリ)もその内のひとつですね。

 

AGA専門のクリニックはその後全国に増えていき、プロペシアの処方を目的とした病院の薄毛外来と、細やかな検査や経過観察によって患者の体質や傾向を見極め、その人に合った治療を施すAGA専門医療機関とに二極化していきました。

AGA専門医療機関の治療でできること


AGA専門医療機関では、最初に遺伝子検査やAGA治療薬の適性検査、頭皮環境のチェックなどが行われます。

 

AGAを改善するためには、まずは自分の頭皮の状態や薄毛のタイプを知ることが重要なのです。

 

そしてその結果を踏まえてプロペシアをはじめとし、その人に合った薬剤・栄養剤が処方され、抜け毛を抑えて発毛をうながす治療を行います。

 

頭部の経過撮影もあり、客観的に治療の成果を観察することもできるので、中だるみしがちな長期間のAGA治療の励みになることでしょう。

 

AGA治療では、8割以上の人が薄毛を改善できたという統計があるくらい、成果を上げやすいAGA対策方法なのですね。

AGA専門医療機関で気をつけること


このようにAGA専門医療機関では、オーダーメイドに近い効果的な治療を受けることができますが、その分どうしても治療費が高額になります。

 

AGA専門機関は病院というよりは美容クリニックに近いところも多いので、営業トークに押されて思わぬ出費となってしまったというケースもよく聞かれます。クリニックによっては、あまり必要のない検査や高額な治療法を勧めてくることがあるので、注意が必要です。

 

そういった高額プランの契約をしなかったとしても、AGA治療には健康保険が適用されないので、それなりの出費を覚悟する必要があります。

 

とはいえ、僕が通った銀クリなんかは月々7,000〜18,000円程度でできてしまうので、AGAに悩み続けるのであれば、一度こちらを検討してみてはいかがでしょうか。

病院の薄毛外来は?


一部の大学病院や皮膚科などでは、毛髪外来、脱毛症外来というように、薄毛に悩む人のための外来治療を用意しているところがあります。

 

円形脱毛症などのほかの脱毛症の治療も一緒に行われているので、専門医療機関ほどAGAに特化しているわけではありません。

 

一般病院のAGA治療はプロペシアの処方が主となるので、検査項目も少なく、通院頻度もAGA専門医療機関が月1回ほどなのに対し、3ヶ月から6ヶ月に1回と、薬をもらうために通うようなものです。

 

治療内容も、AGA専門医療機関ほどのきめ細やかさはないのですね。

 

ですがその分、治療費はAGA専門医療機関と比べて安くなります。
病院によっても違いますが、およそ半額から3分の2くらいでしょうか。

 

そして通院頻度も少なくて済みますので、忙しい人でも受診しやすいでしょう。

 

ただし、一般病院だからといって健康保険が使えるということはありません。
AGA治療は自由診療なので、どこで受けても全額負担になります。

AGA治療と育毛剤の使い分け


こうしてみると、AGAを改善する効果という点でいえば、AGA治療のほうに軍配が上がります。

 

しかし、AGA治療に使われる薬剤は、副作用が心配なものも多く、体質的に受け付けないケースもあるようです。そういった場合には、育毛剤を選択したほうがいいでしょう。

 

また、まだ初期の段階で育毛剤でも改善が見込める方や、発毛までは求めず現状維持ができればいいという方も、育毛剤で十分カバーできる可能性があります。

 

通院する時間的負担や、治療費の金額的負担も考慮に入れ、自分にとってどの方法が最適なのか、よく吟味してAGA対策を始めましょう。

 

管理人が通っているAGA治療専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』

薄毛が気になり始めたら育毛剤?AGA治療?効果を知って対策

・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,000〜18,000円
・人気と実力を兼ね備えたAGAクリニック

銀クリ 銀クリ

銀クリのAGA治療体験記はこちら

関連ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAクリニック 比較