治療経過

  • 治療開始前(後頭部)

    治療開始前(頭頂部)

  • 2週間後(後頭部)

    2週間後(頭頂部)

  • 1ヶ月後(後頭部)

    1ヶ月後(頭頂部)

  • 1ヶ月半(後頭部)

    1ヶ月半(頭頂部)

  • 2ヶ月(後頭部)

    2ヶ月(頭頂部)

  • 3ヶ月(後頭部)

    3ヶ月(頭頂部)

  • 4ヶ月(後頭部)

    4ヶ月(頭頂部)

  • 5ヶ月(後頭部)

    5ヶ月(頭頂部)

  • 半年(後頭部)

    半年(頭頂部)

  • 7ヶ月(後頭部)

    7ヶ月(頭頂部)

  • 8ヶ月(後頭部)

    8ヶ月(頭頂部)

はげは遺伝するの?しないの?

薄毛の話になると必ずといっていいほど論争が巻き起こるのが、はげは遺伝するかどうか。

親子で髪型が似てくる人も、まったく違う人もいるので、なかなか結論が出にくい問題です。

親子で生え際までそっくりなケースでは、やっぱり遺伝!と確信を持ってしまいますし、そうでないケースでは、遺伝って都市伝説?なんて思ってしまいますよね。

はたして薄毛は遺伝するのか?しないのか?
遺伝するとしたら、なぜ親子や兄弟で違いが出るのか?

もうそろそろこの辺で、ハッキリさせておきましょう!

目次

やっぱり遺伝だった!?

子どもの頃、お父さんの頭を見て「いつかは自分もこうなるのか…」と不安になった人も多いはず。

どうか遺伝しないで!と祈りたいところですが、残念ながら薄毛は遺伝的な要素が強いということが、さまざまな研究で明らかになっています。

薄毛の9割以上を占めるAGAは、男性ホルモンの一種テストステロンと、毛穴に存在する5αリダクターゼという還元酵素が結合してできるジヒドロテストステロン(DHT)が、主な原因ということがわかってきています。

ここでDHTがAGAに関わるメカニズムを、ザッとおさらいしておきましょう。

毛根の細胞には、男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)というものがあります。

それがテストステロンと5αリダクターゼによってできあがったDHTをキャッチすると、今度は細胞の増殖や分化をおさえるTGF-βというたんぱく質が作り出されます。

このTGF-βは、薄毛業界では別名「脱毛因子」と呼ばれる恐ろしいもの。

細胞分裂によって髪の毛を生えさせる毛母細胞のはたらきを抑制し、成長をさまたげてしまうのです。

そうなるとヘアサイクルの成長期が短縮され、髪の毛はしっかり育つ前に抜け落ちてしまうようになります。
こうしてどんどん、AGAが進行していくのですね。

そしてこの5αリダクターゼの分泌量と活性の高さ(テストステロンとの結びつきやすさ)、男性ホルモン受容体の感受性(DHTに対する受容感度)は、遺伝によって決まってくるのです。

つまり、5αリダクターゼが多くて活性が高い遺伝子を受け継いでいればDHTがたくさん作られてしまう体質に、男性ホルモン受容体の感受性が高い遺伝子を受け継いでいればDHTの影響を受けやすい体質になりやすいのです。

どちらも受け継いでいると、さらにAGAのリスクは高まってしまうといえるでしょう。

父子で似ないのはなぜ?

このような2つのタイプの遺伝がAGAに関わっているなんて、なんだか驚きですよね。

でも、AGAが遺伝の影響を受けるのなら、なぜ頭皮の状態が似ていない父と子がいるのでしょうか?

そのカギは隔世遺伝

男性はXとYの染色体、女性はXとXの染色体を持っているのは、生物の授業で習ったことがありますよね。

子どもは両親から染色体をひとつずつもらっているのですが、このときの組み合わせで性別が決まります。

ですから男性であれば、父親のY染色体と母親のX染色体をもらっていることになります。

先ほど出てきた男性ホルモン受容体の感受性が高い遺伝子は、「デンセイホルモン受容遺伝子」といわれるもので、別名「薄毛遺伝子」。

2005年に、ボン大学(フランス)の研究チームによって発見されました。

これはX染色体にのみ含まれているので、隔世遺伝していきます。

男性はX染色体を母親からもらっているので、母親側の遺伝の影響を受けることになるのですね。

母方のおじいさんやおじさんが薄毛だと、この遺伝子を引き継いでいる可能性があります。

でも、母親が持っているX染色体は2つ。

両方がデンセイホルモン受容遺伝子を持っている場合もあれば、片方だけが持っている場合もあるのです。

両方であれば必ず受け継いでしまいますが、片方だけでは確率は2分の1となります。

兄弟でも違いができることがあるのは、こういう理由からなのですね。

一方、5αリダクターゼの活性の高さは優性遺伝といわれていますので、父親と母親両方の影響を受けることになります。

ですから、デンセイホルモン受容遺伝子よりも受け継ぐ確率がグンと高くなります。

そして、5αリダクターゼが潜む毛穴の場所も遺伝するので、生え際やツムジがお父さんそっくり、ということになるのですね。

これらの遺伝子を持っているかどうかは、AGA専門クリニックで検査することができます。
検査費は20,000円くらいのところが多いようです。

最近では、唾液でチェックできる遺伝子検査キットも通信販売で売られて、唾液を採取してから送付すると、しばらくして診断結果が送られてきます。こちらの費用は12,000円ほどです。

遺伝子検査は絶対?

検査の結果、AGAが発症するリスクが高いことがわかっても、必ずしも薄毛になるわけではありません。

実際にAGA遺伝子が強いという判定が出てもフサフサの人もいるので、あくまでもリスクを計るものとしてとらえておきましょう。

それに、AGAと遺伝子の関連性の研究はまだ歴史が浅く、遺伝子検査にどれくらい信憑性があるのかは、まだ誰にもわかっていない状態なのかもしれないのです。

ただし、日ごろから気をつけておくことは大事です。

栄養バランスのとれた食事や安定した生活リズムを心がけ、健康を保つようにしましょう。

また、アルコール類の飲みすぎや喫煙、過剰なストレス、ホルモンバランスに影響を及ぼすような激しい運動は、AGA発症の引き金になりますので、できるだけ避けることが望ましいです。

そのほかの遺伝

AGAになるリスクは、遺伝によって左右することがわかってきました。

そして薄毛に関連する遺伝はほかにもあるので、念のためチェックしておきましょう。

1.頭の形の遺伝

頭蓋骨に出っ張ったところがあると、その部位の頭皮に負担がかかったり、血行が滞りやすくなったりすることがあるので、薄毛になりやすいという説があります。

頭頂がとがっていればツムジから薄くなりやすく、おでこが出ていれば生え際が後退しやすくなる、というものです。

心当たりのある場合うは、頭皮マッサージや蒸しタオルなどで血流をよくする工夫をしましょう。

2.依存傾向の遺伝

アルコールやタバコ、ギャンブルにハマりやすい性格・気質も、ドーパミン受容体遺伝子が関わっている、という説があります。

こうした依存しやすい傾向を受け継ぐと、さまざまなものにのめりこみやすくなるので、つい深酒をしたり、チェーンスモーカーになったりする危険がアップします。

お酒の飲みすぎやタバコの吸いすぎは、髪の毛に必要な栄養素をどんどん消費してしまいますし、血行が悪くなる原因にも。

それにこれらによって健康を害してしまうと、元気な髪の毛を生やす力もダウンしてしまうので、薄毛が進行しやすくなります。

でも、あくまでも「傾向」なので、必ずしも依存状態になるとは限りません。

「薄毛になりたくない!」という気持ちが強ければ、きっと克服できるでしょう。

3.肥満体質の遺伝

太りやすさも、遺伝によるところが大きいので、注意が必要です。

太っていれば絶対薄毛になる、というわけではありませんが、ある大学の研究では、BMI(ヒトの肥満度を表す体格指数)の値が24以上になると薄毛になるリスクもアップする、という統計結果が出ています。

肥満と薄毛の因果関係はまだハッキリとは解明されていないのですが、脂肪分・糖分の多い食生活や、新陳代謝、血流が関係しているのではないかといわれています。

偏食は頭皮を荒れさせますし、脂肪を摂取しすぎると皮脂の分泌も増えてしまいます。

発毛も細胞分裂によるものなので、新陳代謝も重要です。

また、髪の毛の栄養は血液によって運ばれますから、血流がスムーズなのに越したことはありません。

こうして考えると、やはり肥満は薄毛にとってあまりいい条件ではなさそうですよね。

無理なダイエットは逆効果になりますが、食生活の見直しと適度な運動を心がけ、太りすぎないように気をつけるようにしましょう。

遺伝だからといってあきらめないで!

「薄毛は遺伝」といわれてしまうと、もう逃れられない宿命のようなものを感じてしまいそうですが、あきらめるのはまだ早いのです。

最近のAGA治療は着実に進化しています。

DHTの生成をブロックする薬や、毛包を大きく元気に成長させる薬もあるので、早めに治療を始めれば遺伝の影響を最小限におさえることができます。

また、食習慣の乱れや、喫煙、アルコールの過剰摂取、睡眠不足、ストレスなどのAGAを進行させる要因がある場合には、それらをストップすることも有効です。

それに、薄毛の家族がいるからといって必ずしもAGAになりやすい遺伝子を引き継いでいるわけではありませんし、もし引き継いでいてもAGA治療によって進行を遅らせたり、発毛を促したりすることも可能になってきました。

遺伝だからとくじける必要はありません。

髪の毛に負担をかけない生活を心がけながらAGA治療をしっかり行い、遺伝に負けないようにしましょう!

管理人が通っているAGA治療専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』

銀クリ
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・人気と実力を兼ね備えたAGAクリニック


銀クリのAGA治療体験記はこちら

関連ページ

ライター情報

近藤 あきら

近藤 あきら

近藤あきら。薄毛ジャパン代表。25歳を過ぎた頃から頭部に暗雲が立ち込め始め、気が付けば徐々に毛が生えない荒野と化していった。はげを治すべく、育毛剤などを試すも効果が見られず。最後の頼みの綱として、都内にあるAGA専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』で治療を受けることを決断。

  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • line
  • AGA+スキンクリニック 突撃!潜入レポート