AGAだけじゃない?いろんなハゲの種類とは

ひと昔前までの日本では、ハゲているとほとんどが老化によるものとされてきました。

 

それ以外は「若ハゲ」とされ、少数派の扱いだったのです。

 

そしてAGAという疾患が知られるようになると、今度は全部AGAのせい、という雰囲気になってきていますよね。

 

日本人の薄毛の原因は、9割以上がAGAということですから、全部AGAとしてしまえばハズレが少ないのは確かです。

 

しかし、違う疾患なのにAGA治療が必要と思い込み、的確な治療を受ける機会を逃して、悪化させてしまうという悲劇も時折見受けられます。

 

また、高額なAGA関連の製品を売らんがために、ほかの脱毛症もAGAとして紹介している悪徳業者まで存在するのですから、注意が必要です。

 

AGAが多いとはいえ、ほかにもたくさんの脱毛症があり、症状もさまざま。

 

その原因にピンポイントでアプローチすることで、劇的に改善する場合もあるのです。

 

思い込みや誤診で薄毛をこじらせないためにも、それらの種類や原因、進行パターンを知って、治療に活かしていきましょう。

AGAの特徴と治療法


今さらですが、AGAは「Androgenetic Alopecia」の略です。

 

意味は、男性ホルモンが関与する(Androgenetic)脱毛症(Alopecia)ということで、日本語では「男性型脱毛症」と訳されることが多いですよね。

 

原因と症状


遺伝的な要素も大きいAGAは、思春期以降の男性に発症する脱毛症で、前頭部と頭頂部から薄くなっていく傾向があります。

 

原因は、男性ホルモンの一種テストステロンが、毛乳頭に存在する還元酵素の5αリダクターゼによって変換されてできるジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモン。

 

DHTが毛乳頭細胞の中のアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と結びつくと、細胞の増殖を抑制するTGF-βという増殖因子を生み出し、毛母細胞の分裂をおさえて髪の毛の成長期を短縮させてしまうのです。

 

治療方法


AGAの治療は、フィナステリドやデュタステリドで5αリダクターゼのはたらきをおさえ込むことや、ミノキシジルで発毛力をアップさせることを中心に据えながら、頭皮環境を整えていくことが重要です。

 

AGAもそのほかの脱毛症と同様に早めの治療が肝心なので、もしかして…と感じたら、すぐにアクションを起こしましょう。

 

AGAの歴史は意外に古い?


日本では、プロペシアが2005年10月に厚生労働省の認可が下りたことによって、本格的なAGA治療が始まり、一般に広く知れ渡るようになりました。

 

そのため、最近になって発見されたイメージがありますが、AGAの概念は、すでに紀元前400年頃の古代ギリシャで、あの医学の父と呼ばれ、哲学者でもあるヒポクラテスが気づいていたというのですから、オドロキですよね。

 

なんでも、宦官(かんがん。宮廷に仕えるために男性器を切除した官吏)には薄毛がいない、ということから、どうやら睾丸のせいでハゲるらしい、と記していたとのこと。

 

その発見もすごいのですが、人類はそんな昔からハゲと闘っていたなんて、なにやら感慨深いものがありますよね。

 

とはいえ、当時は仮説以上の発見はなく、生化学的に実証されるのは、それから2000年以上経てから。

 

約70年前に、アメリカのハミルトン医師が、テストステロンと遺伝によって薄毛が進行することを実験によって突きとめたのです。

 

そして彼が考案し、ノーウッド医師によってまとめられたのが、あの有名なハミルトン・ノーウッド分類。

 

AGAによる薄毛の進行パターンのイラストを、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

その後さらに研究は進み、1960年代になってDHTが関与していることが明らかになり、AGA治療は大きな進歩を見せるのでした。

 

ちなみに、ハミルトン・ノーウッド分類は欧米人を対象としたもので、日本人の場合は頭頂部からはげるという特徴があるため、日本人向けに開発された『高島分類』が現代は一般的に使われています。

 

老人性脱毛症の特徴と治療法


以前はAGAと一緒くたにされていた老人性脱毛症は、老化現象によって起こる脱毛症です。

 

原因と症状


年齢を重ねると、身体全体の新陳代謝が落ちていき、若い頃と比べてどうしても衰えを感じてきますよね。

 

髪の毛も細胞分裂で生えるので、だんだん抜ける本数より生える本数が少なくなり、薄毛となっていくのです。

 

個人差はありますが、ゆっくりと全体的に薄くなっていくのが特徴です。

 

治療方法


エイジングサインの一種である老人性脱毛症は、AGAとは違い、根本的な治療法はありません。

 

「シワが増えてきたなぁ」とか、「疲れがとれにくくなってきたなぁ」いうような悩みと同じようなものなのですね。

 

ただし、マッサージで血流をアップさせたり、頭部を清潔に保って頭皮環境を改善したり、紫外線や乾燥を避けて頭皮や髪の毛を労わったりすることによって、進行を遅らせることもできますし、予防につなげることもできます。

 

シャンプーやブラッシング方法を見直し、食生活や睡眠の質、喫煙や過度なアルコールの摂取を控えることも重要で、こうした対策は、ほかの脱毛症とも共通します。

 

AGAとの違い


AGAとの見分けが難しいケースもありますが、60歳以上であればだいたい老人性脱毛症と定義されています。

 

また、老人性のほかにも、若年性脱毛症や壮年性脱毛症というように世代で区別して呼ぶ脱毛症もありますが、これらはAGAに含まれます。

 

老化現象ではなく、一時的な疾患でもない脱毛症は、ほとんどがAGAと見て間違いないでしょう。

 

円形脱毛症の特徴と治療法


比較的ポピュラーな円形脱毛症は、ある日突然発症することが多く、しかもピンポイントでゴソッと抜けてしまうショッキングさで知られていますよね。

 

2000年前から記録が残っていて、1874年には現代に近い概念が出来上がった人類にとっては馴染みの深い脱毛症です。

 

原因と症状


「10円ハゲ」と呼ばれる10円玉大の脱毛部分ができるタイプや、そうした単発型が複数できてしまう多発型、さらに進んで全頭型、全身にまで及ぶ汎発型などがあります。

 

自己免疫疾患である円形脱毛症は、本来は自分の身体を守るための自己免疫が、ストレスや感染症によって暴走し、毛根組織を異物と勘違いして攻撃してしまうのが原因といわれています。

 

しかし、実はまだハッキリとは解明されていないのですよね。

 

円形脱毛症患者の約8割がなんらかのアレルギーを持ち、約4割がアトピー性皮膚炎の素因があるということから、アレルギーとも関係しているようです。

 

治療方法


もし円形脱毛症が疑われるケースであれば、なるべく早く皮膚科を受診してください。

 

一時的な現象であることも多い円形脱毛症ですが、中には長引いてしまうこともあり、その場合は早期であればあるほど早い快復が見込めます。

 

治療方法は、免疫機能を抑えるステロイドやアレルギー反応を抑える抗ヒスタミン剤の内服薬、血行を良くする塩化カルプロニウムや、ステロイドの外用薬の処方が一般的です。

 

必要に応じて、ステロイドの注射や点滴が行われたり、ミノキシジル外用薬が処方されたりすることも。

 

このほか、ドライアイスや液体窒素を使った冷却治療や、紫外線を使ったPUVA(プバ)療法、人工的にかぶれを起こして免疫反応を逸らす局所免疫療法などがあります。

 

また、円形脱毛症患者の遺伝子研究も進行していて、今後の治療法の開発が待たれます。

 

AGAとは別物!


当然ながら、円形脱毛症とAGAは別物で、円形脱毛症患者にAGA治療を施してもまったく効果はありません。

 

円形脱毛症にもAGA治療が有効とにおわせる広告には、十分注意しましょう。

 

脂漏性脱毛症の特徴と治療法


名前だけ聞くと、やっぱり皮脂がハゲの原因?と思ってしまいそうな脂漏性脱毛症ですが、ただ皮脂が多いだけでは滅多に発症しないので、あまり皮脂を悪者にしないでくださいね。

 

原因と症状


脂漏性脱毛症は、脂漏性皮膚炎が頭部に起こった状態です。

 

脂漏性皮膚炎は頭部のほかにも、顔、首、耳、背中上部、生殖器周辺などの皮脂腺が多い部位に発症します。

 

フケやかゆみといった症状が出て、進行するとかさぶたのような紅斑が頭皮を覆い、かなり目立つようになる脂漏性脱毛症。

 

毛穴の奥まで炎症を起こさせ、髪の毛が抜けていってしまうのです。

 

脂漏性皮膚炎は、なんらかの原因で皮脂成分のバランスが崩れ、そこに頭皮の常在菌であるマセラチア菌が増殖することによって発症するといわれています。

 

皮脂は、カビ(真菌)の一種であるマセラチア菌の大好物。

 

皮脂に含まれる中性脂肪の一種である「トリグリセリド」をエサとすると、マセラチア菌は遊離脂肪酸を代謝物として排出するのですが、それが毛穴に刺激を与えて炎症を起こし、脱毛に至ります。

 

ただし、ほかにもさまざまな原因があるとされ、完全に解明されたとは言いがたい状況で、今後の研究が待たれるところ。

 

また、洗髪習慣がほとんどなかった時代には、脂漏性皮膚炎がほとんど見られなかったという説もあります。

 

このことから、シャンプー剤の成分や、洗い過ぎることの弊害、それに環境問題も関係しているのでは、と疑うこともできそうですよね。

 

治療方法


まずは炎症を抑えるために、ローションタイプのステロイド、そして抗真菌薬や抗生剤を塗っていきます。

 

栄養状態によっても皮脂バランスは左右されるため、ビタミン剤を処方されることも。

 

放置すると悪化しやすく、一旦治っても再発しやすい脂漏性皮膚炎は、根気強く治療を続けていくことが大切です。

 

慢性化する前に、なるべく早く治療を始めましょう。

 

そして、皮脂中の中性脂肪を増やさないためにも、糖質や脂質の摂取を抑え、野菜や魚などをしっかり食べるなど、バランスのいい食事を摂るようにします。

 

ストレスも皮脂の分泌量に影響しますので、うまく発散することも肝心ですね。

 

AGAの引き金になる?


原因がまったく違うので、脂漏性脱毛症によってAGAが発症することは考えられませんが、AGAの要因を持っているとすれば、炎症を起こした頭皮では通常より発症しやすい状態といえるでしょう。

 

ただし、治療は脂漏性脱毛症が最優先です。

 

まずは炎症をおさえてから、AGA治療を始めるようにします。

 

育毛剤も弱った頭皮には刺激物となりますので、独断で使うのは避けましょう。

 

粃糠性脱毛症の特徴と治療法


「粃糠(ひこう)」とは聞きなれない言葉ですが、「粃」はちゃんと実っていない籾(もみ)、「糠」はぬかです。

 

そして「粃糠疹」は、角質がぬかのように剥がれる皮膚炎のことを指します。

 

原因と症状


頭皮の角質が乾燥して大量のフケが発生し、毛穴に詰まって炎症を起こすことによって脱毛していく粃糠性脱毛症

 

こちらもまだ原因が特定されていませんが、脂漏性脱毛症と同じく、マセラチア菌の関与が濃厚とされています。

 

つまり、ジメジメとした症状になるか、カサカサとしてはがれてしまうかの違いはあるものの、皮脂バランスが崩れている状態は同じ。

 

ただし、脂漏性脱毛症よりもアレルギーを持っている人の割り合いが高いのが特徴で、乾燥しやすい体質の影響も大きいようです。

 

治療方法


治療方法は、脂漏性脱毛症とほぼ同じです。

 

ステロイドなどで炎症を鎮め、抗真菌薬などでマセラチア菌を抑えます。

 

そして栄養バランスや生活習慣を見直し、全身の健康を心がけることも大事です。

 

また、ヘアケア製品が刺激となっていることもありますので、あまり必要でないものは使用を中止し、シャンプーなどは刺激の少ないものを選びます。

 

AGAと併発はある?


粃糠性脱毛症とAGAの原因は違いますが、だからこそ併発する可能性はあるのです。

 

フケが大量に出る粃糠性脱毛症は、それだけではAGAと取り違えることはあまりないのですが、両方とも発症していればゴッチャになって分からなくなり、治療が後手後手に回ってしまうことも。

 

実際にAGAクリニックで併発を指摘された人もいるので、疑わしいときはとにかく早めに医療機関で診察を受けることをおすすめします。

 

まずはお医者さんに相談だ!


AGAと取り違えおそれのあるいろいろな脱毛症を紹介してきましたが、この他にも、髪型によって発症する牽引性脱毛症や、精神的な疾患によって起こる抜毛症(トリコチロマニア)など多くの脱毛症があります。

 

それぞれAGAとは原因も症状も違う脱毛症。

 

しかし、すべての脱毛症はストレスが関係していますので、どれかひとつでも発症していれば、いつ併発してもおかしくない状態といえるかも知れません。

 

手遅れになって快復が困難になってしまわないためにも、抜け毛が気になったら、すぐに信頼できる医療機関で診てもらうのが最善の道です。

 

さあ、お医者さんに相談だ!

 

管理人が通っているAGA治療専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』

はげの種類はAGAだけじゃない!タイプごとに違う治療法

・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,000〜18,000円
・人気と実力を兼ね備えたAGAクリニック

銀クリ 銀クリ

銀クリのAGA治療体験記はこちら

関連ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAクリニック 比較