治療経過

  • 治療開始前(後頭部)

    治療開始前(頭頂部)

  • 1ヶ月後(後頭部)

    1ヶ月後(頭頂部)

  • 2ヶ月(後頭部)

    2ヶ月(頭頂部)

  • 3ヶ月(後頭部)

    3ヶ月(頭頂部)

  • 4ヶ月(後頭部)

    4ヶ月(頭頂部)

  • 5ヶ月(後頭部)

    5ヶ月(頭頂部)

  • 半年(後頭部)

    半年(頭頂部)

  • 8ヶ月(後頭部)

    8ヶ月(頭頂部)

  • 10ヶ月(後頭部)

    10ヶ月(頭頂部)

イクオスは育毛剤を超えた育毛剤!?新処方成分の効果と発毛促進力98%UPとは

育毛剤の人気ランキングに、必ずといっていいほどランクインしてるイクオス(IQOS)
「リニューアル後のイクオスが最強!」とか、「あのチャップアップを超えた?」などと、薄毛関連サイトでも頻繁に話題になっています。

公式サイトでも、「お客様満足度97.5%」や「育毛剤を超えた育毛剤!」、さらには、「驚愕の発毛促進力98%UP!!」といった攻めた文言で埋め尽くされていますし、2017年にはモンドセレクションを受賞したとかで、かなり活気にあふれています。

「78%が3ヶ月以内に発毛促進を実感」なんていわれたら、そんなに速く!?と思わず飛びつきたくなってしまうのが人情というもの。
イクオスって、やっぱりスゴイのでしょうか。

目次

イクオスも最初は『ソヴール08』だった!

イクオスを販売しているのは、株式会社キーリーです。
2014年5月設立、資本金300万円、従業員人数は46人(非常勤含む)という、割と小規模な会社なんですね。

まだ設立して間もないですし、なにやら発展途上な雰囲気なだけに、その主力商品であるイクオスって大丈夫なの?とちょっぴり不安になってしまいます。
でも、ご安心ください。
イクオスのもとになっているのは、株式会社天真堂のEM商品である『ソヴール08』

そう、イクオスも、あのBUBKAやチャップアップ、マイナチュレと同じく『ソヴール08』がスタートだったのです。
つまり、品質的にはこれらの育毛剤と比べてもなんら遜色はなく、心配はないワケですね。

その上、リニューアルしてからというもの、ほかのソヴール仲間から頭ひとつ抜きん出たと評判なのです。
そんな新生イクオスは、どこがどう進化したのでしょうか?

大幅リニューアルでパワーアップしたイクオス

発売当初のイクオスは、『ソヴール08』そのままの成分を使い、製品名を変えただけのものでした。
しかし、BUBKAやチャップアップがリニューアルするたびに個性を打ち出してきているのと同じように、イクオスも2016年9月に進化します。
リニューアル後の決定的な違いは、やはり『Algas-2(アルガス-2)』が導入されたことでしょうか。

『Algas-2(アルガス-2)』は、キーリー社が独自に開発した新処方成分で、「キャピキシル』を超えるスカルプケア成分?!」と公式サイトでも猛プッシュ。
これは、『ソヴール08』でおなじみのM-034という海藻由来の育毛成分と、高い再生能力と保湿力を持つペルベチアカナリクラタエキスをダブル配合したものです。

M-034は、北海道産のミツイシコンブ(三石昆布)のエキスです。

  • 標準和名のミツイシコンブより、地名からくる通称「日高昆布」といわれたほうがピンとくるかも。

ヒアルロン酸と同じくらいの保湿力と、血行促進効果、脱毛因子といわれるFGF-5のはたらきを抑制する作用があるといわれています。

そのM-034とタッグを組むペルベチアカナリクラタエキスは、フランスのブルターニュ地方で採れる海藻から抽出されたものです。
ペルベチアカナリクラタは、海藻なのに水しぶきほどの水分だけでも生息できる優れた保水力と、2週間以上水分がない状態からも蘇生できる高い再生能力を持っているため、そのエキスは高級化粧品などにも使用されるほど。
マリンイソフラボンと成長因子を含んでいるので、髪の成長や髪質をアップさせる効果があるのですね。

そしてさらに、スサビノリエキスも新配合。
これは、有明の海で採取されたスサビノリ(荒び海苔)から抽出したもので、海苔にのみ含まれる海藻多糖成分「ポルフィラン」の効果で、頭皮を紫外線や乾燥から守ってくれるのです。

  • これら3つの海藻パワーのほかにも、さまざまな育毛成分が加えられて、リニューアル前は31種類だった成分数が、なんと61種類と一挙に倍増してます!

16種類の細胞を活性させるアミノ酸や、7種類のエイジングケア成分など、育毛環境を整えるための贅沢処方です。
容器もノズルからスプレータイプへと改良され、より使いやすくなりました。

こうした変化のおかげで、今話題の成分キャピキシルを超え、発毛促進力が98%アップ!
2017年には、ローションとサプリメントがモンドセレクション金賞をW受賞!
シャンプー&トリートメントは銀賞受賞!
早い人では、1ヶ月で発毛促進を実感できるというのですから、期待はふくらむばかりです。

【イクオス・公式サイト価格】

  • 単品購入→定価より24%OFFの8,980円(税別、送料630円)
  • 定期購入→定価より49%OFFの5,980円(税別、送料無料)
  • 3本のセット購入→定価より38%OFFの21,800円(税別、送料無料)
【リニューアルしたサプリメント『イクオスサプリEX』(単品購入で6,980円、税別、送料630円)とセットで購入】

  • 単品のセット購入→定価より45%OFFの10,980円(税別、送料630円)
  • 人気の定期購入→定価より65%OFFの6,980円(税別、送料無料)
  • ほかのソヴール関連育毛剤の中でも、リーズナブルなのが魅力のイクオス
    これでAGAが改善されたら、言うことなしなのですが…。

イクオスシリーズのほかの製品は?

イクオスは、育毛剤のほかにも、サプリメント、そしてシャンプーとトリートメントが発売されています。
それらの成分もチェックしていきましょう。

サプリメント

育毛剤のリニューアルと同時に、サプリメントの成分数も29種類から46種類に増え、『イクオスサプリ』から『イクオスサプリEX』と、名前までパワーアップしています。

もともと配合されていたノコギリヤシ種子エキス末や亜鉛含有酵母などといった育毛成分に加え、

  • 頭皮に潤いを与える「フィッシュコラーゲンペプチド」
  • ミネラルやビタミンB群、アミノ酸が豊富な「ミレットエキス末」
  • 抗酸化作用にすぐれたイチョウ葉エキス末
  • ジヒドロテストステロン(DHT)の生成をおさえるといわれている「フィーバーフュー乾燥エキス」
  • 血管拡張作用のある「カプサイシン」

などが新配合されています。
育毛サプリ定番の成分ですね。

【価格】

  • 単品購入→6,980円(税別、送料630円、定価より16%OFF)
  • 定期コース→4,380円(税別、送料無料、定価より47%OFF)
  • 3個セット→17,800円(税別、送料無料、定価より28%OFF)

シャンプー&トリートメント

リニューアル時に、新たに登場した『イクオスブラックシャンプー&トリートメント』
現在のところ、公式サイトでのみの販売となっています。

シャンプーとトリートメント両方に配合されている有効成分としては、

  • 抗炎症作用にすぐれ、5αリダクターゼのはたらきを抑制するといわれる「オウゴンエキス」
  • ホルモンバランスを整えるイソフラボンが含まれる「ヒオウギエキス」
  • 毛母細胞の分裂を促進させる成長因子FGF-7の生成をサポートする「ビワ葉エキス」

が配合され、このほかにも育毛剤にも含まれる「スサビノリエキス」、ヒアルロン酸の約6倍の保水力を誇るスイゼンジノリ多糖体など、保湿成分も充実しています。

【イクオスブラックシャンプー&トリートメントセットの価格】

  • 単品購入→7,980円(税別、送料630円、定価より33%OFF)
  • 定期コース→5,480円(税別、送料無料、定価より54%OFF)
  • 3本セット→19,380円(税別、送料無料、定価より46%OFF)

イクオスの口コミは?

イクオスの公式サイトでも、イクオスを推奨している個人サイトでも、魅力的な情報がズラリと並んでいます。
それを見ているだけで、試してみたくてウズウズしてきますが、ここは公平な評価もチェックしたいところ。

そこで、楽天市場の購入者によるレビューを探してみると、2件発見。
ひとつは、3週間の使用で効果が現れたという意見で、☆5つ。
もうひとつは、「もう少し頑張ってみようかな」というリピーターの☆3つでした。

アマゾンでは、楽天市場より多い20件のレビューがあり、平均の☆の数は2.4です。
それぞれバラけてはいるものの、最低評価の☆1つが45%を占めています
「変化なし」や、「抜け毛が増加した」という恐ろしい感想も。
満足しているという意見もあるので、人それぞれのようですね。

5ちゃんねるでは、スレッドが存在せず、育毛剤に関するスレッドで2~3の書き込みがあるくらいでした。
それも、イクオスの効果を問う声と、それに対する「効果なし」という答え。
ビックリするほど話題になっていません

  • どうやら、判断できるほどの口コミは出そろっていないようですね。

イクオスの効果を検証

口コミではよく分からなかった、イクオスの薄毛改善効果。
幅広い成分が新たに投入され、いかにも効果がありそうな雰囲気ですが、その実力はどうなのでしょうか?

まずはイクオスでイチオシの『Algas-2(アルガス-2)』に関して。

『ソヴール08』時代から継承されているM-034には、以下のBUBKAに関する記事でも解説したとおり、発毛させる力はありません。
「ミノキシジルと同じくらいの効果がある」と喧伝されているM-034ですが、実態は「発毛力」ではなく、「髪の毛が伸びるスピード」だったというオチからも、その効果は明らかですよね。

『Algas-2(アルガス-2)』の片割れであるペルベチアカナリクラタエキスもしかり。
化粧品に使われる目的も、皮膚保護剤や皮膚コンディショニング剤としてであって、保湿成分といった扱いなのです。
含まれているとされる成長因子も、どのくらいの量なのか、どのくらいの作用が見込めるのか、不明なのですよね。

公式サイトには、「違いが出たと感じた方の人数」として、「アルガス-2配合イクオス」が、「キャピキシル5%配合ローション」と「ミノキシジル配合の従来育毛剤」を上回っているグラフが掲げられています。
これを見ると、「ミノキシジルよりスゴイんだ!」との印象を受けますが、「違いが出た」とは、どんな結果に関しての違いなのか、まったく説明がありません

  • 薄毛の進行も「違い」と言えば「違い」、もしかしてそれもカウントした結果なの?

しかも、ミノキシジル濃度に触れていないので、まるで参考にならないのですよね。
そしてそもそも、もうひとつの比較対象であるキャピキシルの効果も、今のところ未知数。
それと比べてどうこういわれても、どう評価していいのか、困惑するしかありません。

そして、このグラフに添えられている「千葉頭皮環境研究会」という機関もナゾ

試しに検索してみると、イクオス関連のサイトしかヒットしないのです。

キーリーの本社は千葉県なので、もしや社内に設けられた研究会なのではないかという疑惑が…
もしそうなら、鵜呑みにできないデータかも知れません。

また、公式サイトにデカデカとある「発毛促進力98%UP!!」の、「発毛力」ではない「発毛促進力」とは、なんなのでしょう?
「98%UP」の根拠も不明です。

  • リニューアル前は、ほとんど「促進」していなかったということ?

『Algas-2(アルガス-2)』という新しい切り口で攻めていますが、M-034にしろ、ペルベチアカナリクラタエキスにしろ、保湿剤と思って間違いないでしょう。
まあ保湿も頭皮環境改善に役立ちますから、まるで意味がないワケではないのですが。

サプリメントやシャンプー&トリートメント同様です。

髪の毛に必要な成分はたっぷり配合されているので、頭皮環境を整えるにはピッタリでしょう。
しかし当然ですが、どちらも発毛させるには役不足なものばかり。

DHTの抑制に一役買うといわれているノコギリヤシやフィーバーフュー、オウゴンエキスも、AGAの勢いの前では気休めにしかなりません。

それらの根拠も、民間療法レベルということを、しっかりと認識しておきましょう。

育毛剤とサプリのW受賞!モンドセレクションの実態

だんだんと、イクオスの育毛効果が揺らいできました。

しかしイクオスは、2017年に育毛剤とサプリがそろってモンドセレクションの金賞を、そしてシャンプー&トリートメントが銀賞を受賞しています。

モンドセレクションとは、 世界各地から寄せられた製品を試験・評価する民間団体で、1961年の設立から、多くの製品に賞が贈られています。
コマーシャルなどでも、よく「モンドセレクション金賞受賞!」とアピールしているのを聞きますよね。

  • そんな世界レベルの賞をとったイクオス!

    効果が期待できないなんて、いくらなんでもありえないのでは?

モンドセレクションの審査はどんなふうに行われているのか

毎年行われるモンドセレクションの審査は、出品者がモンドセレクション本部に製品を送付することから始まります。

世界各地から送られてきた製品は、70名の専門家たちによって試験やテイスティングが行われていきます。

【審査基準】

  • 衛生状態
  • 原材料の質
  • パッケージ記載の成分と中身が異なっていないか
  • 必要な情報が消費者にきちんと提供されているか
  • 食品であれば味…など

【各賞】

  • 優秀品質最高金賞
  • 優秀品質金賞
  • 優秀品質銀賞
  • 優秀品質銅賞

上記の試験項目によって点数が加算され、それぞれの賞が授与されるということです。

では実際に、どのくらいの製品がモンドセレクションを受賞しているのでしょうか。

2017年に応募された2,965製品を例に見てみます。

最高金賞受賞が420製品

金賞受賞が1368製品

さらに銀賞・銅賞受賞も合わせると、2691製品がなんらかの賞をもらっている

  • 何と、90%以上の製品が何らかの賞を貰っているという事実。

    つまり、へんな原材料を使わず、衛生状態がしっかりしていて、虚偽の記載がなければ受賞できるということです。

イクオスの場合、「生える」とは一言も記載していないので、余裕で受賞できたのでしょう。

1,150ユーロ(約15万円)の応募費用を添えて製品を送付すれば、大体はもらえてしまうモンドセレクション。

ないよりはハクがつきますが、受賞したからといって効果が高い製品と判断できるかは、また別の話なのですね。

人を選ぶイクオス

短期間で効果が現れたという使用者の声も聞かれるイクオス。

天然由来の成分が大半を占めていることもあり、敏感肌だったり、なんらかのアレルギーがあったりしないかぎり、副作用の心配はほとんどなさそうです。

しかし、98%UPしたという「発毛促進力」の説明もなく、 どんな「違い」でミノキシジルを上回ったのかが不明な点を考えると、残念ながら薄毛に悩むすべての人におすすめできるレベルではないといわざるを得ません。

頭皮環境を整えるだけならアリですが、効果を実感するとなると、かなり人を選ぶ育毛剤のようですね。

このあやふやさに賭けてみるか、確実な結果が期待できるAGA治療を選ぶかはその人次第ですが、選ばれるのを待つより選ぶ側に立ったほうが、遠まわりを回避できる確率はアップします。
どちらにしても後悔しないように、よく考えてから決めましょう。

放っておくと手遅れになることもあるAGA。

薄毛対策は、お早めに!

管理人が通っているAGA治療専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』

銀クリ
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・人気と実力を兼ね備えたAGAクリニック


銀クリのAGA治療体験記はこちら

関連ページ

ライター情報

近藤 あきら

近藤 あきら

近藤あきら。薄毛ジャパン代表。25歳を過ぎた頃から頭部に暗雲が立ち込め始め、気が付けば徐々に毛が生えない荒野と化していった。はげを治すべく、育毛剤などを試すも効果が見られず。最後の頼みの綱として、都内にあるAGA専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』で治療を受けることを決断。

  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • line
  • AGA+スキンクリニック 突撃!潜入レポート