ミノキシジルで毛が生える!? 効果や噂を紐解く

AGA治療について調べていたら絶対に耳にするミノキシジル。

 

ミノキシジルには内服薬と外用薬があり、AGAだけでなく、一部の女性の薄毛にも使えるというのですから、プロペシアよりも汎用性が高いといえるでしょう。

ところが、そんなAGA治療の期待の星として支持を集めるミノキシジルですが、いろいろと怖いウワサも耳にします。

 

この記事では、ミノキシジルの安全性、効果、使い方などを紹介します。

 

ミノキシジルの歴史


ミノキシジルは、もともとはアメリカのアップジョン社(現在はファイザー社)が開発した、血管拡張剤です。薬品名はロニテンで、当初は薄毛治療の薬ではなく、高血圧の治療薬として用いられていたということです。

 

しかし、この薬を飲んでいる患者に脱毛症の改善や多毛症が多発したため、薄毛治療薬としての研究が始まりました。

 

当初は飲んで効く治療薬を目指していましたが、もとは降圧剤なので、誰が飲んでも大丈夫というわけにはいきませんでした。

 

おまけに実験段階で重大な副作用が発見されたため、頭部に直接塗るタイプのものが開発されました。
そして生まれたのが、ミノキシジル2%配合の外用薬ロゲインです。

 

ロゲインもかなり画期的で改善率の高い薬ですが、高血圧患者がミノキシジルを服用したときほどの効果は見られませんでした。

 

皮膚にはバリア機能があるので、服用タイプほど効率的に吸収できないため、そのような結果になったのです。

 

そこで、ロニテンのジェネリックであるミノキシジルタブレットが作られるようになります。

 

ところが日本では、ロゲインもミノキシジルタブレットも、元になったロニテンさえも、医薬品としての認可が下りていません。

 

そのため、薬局はもとより、一般の病院でも処方できない薬なのです。

 

ミノキシジル系のもので唯一認められているのが、一般用医薬品として大正製薬が販売している外用薬のリアップです。
リアップ以外は正規のルートで購入するのが困難なものになっています。

 

ミノキシジルが発毛をうながす理由


血圧を下げる薬であるミノキシジルに、なぜ発毛効果があるのでしょうか。

 

ひとつには、血管が拡張されて血流がよくなり、毛根に栄養や酸素が潤沢に届けられるようになるから、という説があります。

 

この作用はもちろん有効なのですが、それならほかの血管拡張剤でも効くはずです。

 

実はミノキシジルが発毛を促進させるメカニズムは、まだよく解明されていないのです。

 

でも、ミノキシジルによって毛包が大きく成長することから、どうやら毛包に直接作用して、細胞のたんぱく質合成や増殖を活発化させているらしい、ということはわかっています。

 

ミノキシジルの効果が知りたい!


ミノキシジルの特徴がわかったところで、一番気になる効果を見てみましょう。

 

外用薬


ミノキシジル5%製剤の臨床試験結果では、4週間目からすでに発毛する人が現れ始め、6ヶ月目には90%以上の人に発毛が認められました。そして1年が経過したころには、95%以上にもなっています。

 

ただし注意しなければならないのが、効果のあった人すべてがすっかり元通りフサフサになった、というわけにはいかないようなのです。

 

臨床試験1年後の結果

毛髪の密度が薄毛になっていない部分とほぼ同じという状態になった 約10%
密度は低いものの薄毛部分が毛髪に覆われた 約65%
軽微な発毛が認められた 約20%

このように「軽微な発毛が認められた」人を含めると、95%以上が何らかの効果が認められていますが、全体がフサフサになったかというとそうではないということが分かります。

 

それぞれの薄毛の状態や求めるものによって満足度は変わってくるので、どのぐらい生えれば改善されたと見るかは難しいところですが、結果に差があることは間違いありません。

 

一方、ミノキシジルタブレットはどうなのでしょうか?

 

ミノキシジルタブレット


こちらも臨床試験結果や統計結果を紹介したいところですが、それらを客観的にまとめたデータは残念ながらありません。

 

というのも、日本国内はもちろん、海外でも内服用のミノキシジルはあくまでも高血圧治療の薬となっていて、薄毛治療薬として認めている国はないためです。薄毛治療は目的外の使用となるため、データは存在していないわけです。

 

参考のために口コミをチェックしてみると、服用したほとんどの人になんらかの薄毛改善効果が現れていて、ミノキシジルが効果が高いというのは間違いないようです。

 

ですが、発毛を実感しながらも途中でやめた、という声もチラホラ…

 

せっかく髪の毛が生えてきたのに、どうして服用をやめる人が出てくるのでしょうか?
それは断念せざるを得ない理由があったからなのです。

 

ミノキシジルは危険?


効果が高いミノキシジルですが、日本では臨床試験の後にすんなりと厚生労働省からAGA治療薬として認可が下りたプロペシアと違い、ミノキシジルの内服薬はいまだに医薬品として認可されていません(外用薬が1999年に厚生労働省により正式認可を受けています)。

 

その理由は、多毛症だけでなく、反射性高血圧や多臓器不全のような深刻な副作用が確認されたためです。

 

現在は薄毛治療に応用されるのみとなっていますが、それも目的外の使用という位置づけなのですね。

 

そもそも多毛症の副作用が分かり、薄毛治療用に開発が進められた際にも、犬を使った動物実験で心臓が破裂し死に至った例があり、内服薬としての開発が中止になった経緯があるのです。

 

飲んだ人全員に副作用が現れるわけではありませんが、よく注意して使うべき薬であることは確かです。

 

そのため、ミノキシジルの内服薬を服用する場合は個人輸入などで入手せず、必ず専門医に相談するようにしましょう。

 

ミノキシジルの副作用は?


では、ミノキシジルにはどんな副作用があるのでしょうか。

 

かゆみ


外用薬の場合は、一番多いのがかゆみです。

 

製薬会社の臨床試験では、湿疹や毛のう炎、接触皮膚炎、がそれぞれ2%ほどの割合で確認されていますが、これがかゆみの原因にもなっているようです。

 

循環器系の疾患


循環器系の疾患が認められたという報告もあります。

 

ミノキシジルタブレットでは、まず全身の多毛があげられます。髪の毛だけでなく、すべての体毛の成長を促進してしまうのです。

 

そしてやはりもとが降圧剤であるため、低血圧症によるめまいや立ちくらみ、頭痛、動悸も認められます。

 

その他


体のむくみや倦怠感、食欲不振、嘔吐、高カリウム血症などが挙げられます。

 

こうして見ると、恐ろしくて使えないのではと思ってしまいそうですが、これらの副作用は軽度なものも含めて1割以下ということですし、異常を感じたタイミングですぐに服用を中止すればそれほど問題はありません。

 

含有量を減らすことによって、副作用が気にならなくなったという人もいます。

 

でも、たいしたことはないと甘く見ていたり、服用を止めるのが惜しくてつい飲み続けてしまったりすると、重篤な症状に進行しかねませんので注意が必要です。

 

副作用をコントロールするためにも、ミノキシジルタブレットはAGA専門クリニックで処方してもらい、定期的に診察を受けて使用するようにしましょう。

 

ミノキシジルを避けるべき人


高血圧を治療している人や、低血圧が気になる人は、急激な血圧低下を招くおそれがあるので、ミノキシジルの使用は避けたほうがいいでしょう。

 

腎臓や肝臓に疾患を持つ人、自己免疫疾患がある人、糖尿病の人も、病状を悪化させる可能性があります。

 

軽度の場合は影響が出ないこともありますが、それでも医師に相談しながら慎重に使用し、少しでも異常が認められたときにはただちに中止してください。

 

そのほか、なんらかのアレルギーを持つ人も注意が必要です。

 

ミノキシジルそのものや基剤成分によって、アレルギー反応を引き起こすこともあるからです。

 

実際に、かゆみや湿疹、咳、のどの腫れなどの症状が報告されていますが、ミノキシジルタブレットの使用で初めてこうした反応が出たというケースもありますので、これまでアレルギーがなかった人も十分気をつけましょう。

 

効果を上げる使い方


ミノキシジルは、それひとつでも効果が高い医薬品ですが、プロペシアと併用することでさらにパワーアップが期待できます。

 

というのも、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)によって毛母細胞の働きが邪魔されてしまうことが、AGAの大きな原因のひとつなのですが、プロペシアに含まれるフィナステリドには、DHTの生成をおさえてくれる作用があるのです。

 

ミノキシジルがいくら毛母細胞に元気を与えてくれても、それを邪魔するものがいれば、効率的ではないのですね。

 

ですから、DHTをおさえこんでくれるプロペシアとのタッグで、より強力に発毛をうながすことができるのです。

 

FDA(アメリカ食品医薬品局)が、発毛効果がある成分として認めているのは、ミノキシジルとプロペシアだけです。
薬理作用が異なるこのふたつは併用が可能なため、スペシャルなコラボが実現できるというわけです。

 

そして効果を後押しするためには、やはり充分な栄養と心身の休息が欠かせない条件です。

 

体調がすぐれないと副作用も出やすくなりますので、効果の高いミノキシジルをできるだけ長く使い続けるためにも、体と心のメンテナンスに気を配りましょう。

 

元気な発毛は、全身の健康あってこそ、です。

 

管理人が通っているAGA治療専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』

ミノキシジルは飲んでも塗っても効果がある? AGAの改善や副作用について

・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,000〜18,000円
・人気と実力を兼ね備えたAGAクリニック

銀クリ 銀クリ

銀クリのAGA治療体験記はこちら

関連ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAクリニック 比較