近藤の銀クリ治療経過

  • 治療開始前
    (後頭部)

    治療開始前
    (頭頂部)

  • 1ヶ月
    (後頭部)

    1ヶ月
    (頭頂部)

  • 2ヶ月
    (後頭部)

    2ヶ月
    (頭頂部)

  • 3ヶ月
    (後頭部)

    3ヶ月
    (頭頂部)

  • 4ヶ月
    (後頭部)

    4ヶ月
    (頭頂部)

  • 5ヶ月
    (後頭部)

    5ヶ月
    (頭頂部)

  • 6ヶ月
    (後頭部)

    6ヶ月
    (頭頂部)

  • 8ヶ月
    (後頭部)

    8ヶ月
    (頭頂部)

  • 10ヶ月
    (後頭部)

    10ヶ月
    (頭頂部)

  • 1年
    (後頭部)

    1年
    (頭頂部)

  • 1年3ヶ月
    (後頭部)

    1年3ヶ月
    (頭頂部)

銀座総合美容クリニックの治療体験談

育毛剤ランキング1位常連の『チャップアップ』って本当に髪の毛が生えるの?

インターネットを利用する人にとっては、すっかりおなじみの育毛剤、チャップアップ。

いろんなサイトを見るたび、いつの間にか脳ミソに刷り込まれていく気がしますよね。

髪の毛の悩みがない人にさえ、これほど知られている育毛剤は、あまりないのではないでしょうか。

そしてただ有名なだけでなく、チャップアップを推薦する記事も多く見られます。

公式サイトでも、「育毛剤3冠受賞」いう文字が大きく躍り、「顧客満足度」「育毛剤人気ランキング」「最も期待できる育毛剤」といった3つのジャンルで1位を取ったことをアピールしていて、なんだか活気がありますよね。

この3冠以外にも、

  • リサーチ会社でのアンケートで、「満足度が高い育毛剤」「使って良かった育毛剤」「リスクが少ない育毛剤」の3冠を獲得
  • 楽天ランキングで連続1位を獲得
  • 有名薄毛対策サイトで売り上げ1位
  • 日経CNBC(日本経済新聞とCNBC-ASIAによる経済チャンネル)で取り上げられた

などの輝かしい実績が紹介されていて、これなら!と思わずポチッと購入したくなりますよね。

そんなチャップアップ、実力のほどはいかに?

目次

チャップアップと『ソヴール08』

チャップアップは、イクオスやマイナチュレ、BUBKAと並んで、『ソヴール08』のOEM商品からスタートしています。

『ソヴール08』とは、医薬部外品や機能性表示食品などのOEMメーカーである株式会社天真堂が開発・製造した育毛剤で、海藻由来の育毛成分「M-034」を中心に、センブリエキスやグリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCI(塩酸ジフェンヒドラミン)などの育毛剤でおなじみの成分もブレンドされています。

ルーツはみんな同じだったのですね。

これらの商品は、同じ『ソヴール08』から始まりましたが、それぞれ有効成分を増量したり、オリジナルな成分をプラスしたりと、独自の進化を遂げています。

もとは薄毛専門クリニックでのみ取り扱われていたチャップアップは、2013年8月に一般発売されたのち、2015年5月にリニューアルしています。

その際に全部で56種類だった成分が、なんと78種類にアップ。

これはほかのソヴール仲間と比べても抜きん出ている成分数となり、たとえばBUBKAならM-034の増量やアルコールカットによって差別化を図ったのに対し、チャップアップは成分の多さで勝負をかけたということになります。

薄毛はさまざまな原因で起こるので、幅広い成分が配合されているのは、保険をかけるような意味合いがあります。

ただし、ひとつひとつの成分が薄まるというデメリットもあるため、数に頼るか、少数精鋭か、チャップアップとBUBKAともに、むずかしいところで個性を打ち出しているのですね。

そんなチャップアップは、120ml入りのローションが7,400円(金額はすべて税込)で、定期便なら送料無料、都度購入なら送料660円がかかります。

2本では都度購入でも送料無料となり、13,800円とお得。

また、チャップアップシリーズには、現在育毛剤のほかにも、シャンプー、サプリメントが発売されています(女性用としてヘアオイル、トリートメントもありますが、男性用公式サイトでは取り扱いナシ)。

300ml入りのシャンプーは4,180円、120粒入り(1ヶ月分)のサプリメントは5,960円となっていますが、ローションとの定期便セットで買うと、それぞれ8,880円、9,090円となり、3品セットのプレミアム定期便では12,370円と、5,000円以上も割り引かれます。

ECサイトでもだいたい同じ値段ですが、公式サイトではローションとセットでしか購入できないシャンプーのみで買えたり、サプリメントだけのセットが買えたりしますので、シャンプーやサプリメントだけほしい、という場合には、こちらが便利でしょう。

育毛剤チャップアップ(CHAPUP)ローションの育毛効果とは?

チャップアップローションには、どんな有効成分が使われているのでしょうか?

78種類全部はムリですが、代表的な成分を見ていきましょう。

「天然成分55種類とアミノ酸15種類を独自監修で配合した」というチャップアップ。

成分表で「有効成分」と記載されているのが、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIの3種類です。

ソヴール時代にイチ推しだったM-034は、「その他の成分」の「海藻エキス(1)」と、控えめな記載になっています。

真っ先に「海藻エキス (M-034)」と書かれているBUBKAとは大違いですね。

では、この3大有効成分の効果をみていきましょう。

センブリエキス

リンドウ科の植物センブリから抽出できるセンブリエキスには、

  1. 血行促進作用のあるスウェルチアノニン、スウェルチアニン
  2. 抗炎症作用のあるキサントン
  3. 毛乳頭のはたらきを活発にするアマロスウェリン、アマロゲンチン

といった成分が含まれています。

毛乳頭細胞にはたらきかけるとされるアマロスウェリンとアマロゲンチンは、特に頼もしいカンジですね。

グリチルリチン酸ジカリウム

マメ科の多年草である甘草の根茎にある甘味成分グリチルリチン酸に、カリウム塩をプラスして水溶性を高めた成分。

殺菌作用と抗炎症作用により、頭皮環境を整えてくれます。

ジフェンヒドラミンHCI

抗ヒスタミン剤の1種であるジフェンヒドラミンHCIは、血行促進作用と抗炎症作用で、頭皮の荒れやかゆみに効果的です。

センブリエキスやグリチルリチン酸ジカリウム同様、頭皮の健康に役立つ成分ですね。

これらのほかにも、紫外線によるダメージから頭皮を守り、たんぱく質の産生をサポートしながら血行を促進する効果のあるビワ葉エキス、消炎効果・抗菌作用で頭皮のコンディションを改善するローマカミツレや牡丹エキス、保湿効果や皮膚細胞活性化作用のあるクロレラエキス、保湿成分としてゴボウエキスやサクラ葉抽出液など、おだやかな効果が期待できる成分がたっぷり入っています。

そして、香料や着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、シリコン、紫外線吸収剤などの添加物は配合されていないとのこと。

低刺激性で、副作用もほとんど報告されていないそうです。

しかし、頭皮の荒れが強い状態や、体質によっては、まれに炎症を起こすことがあるようなので、万が一赤みやかゆみが出た場合には、すぐに使用を中止しましょう。

チャップアップシャンプーの特徴

次に、シャンプーの成分を見ていきましょう。

主なものとしては、

ローズマリー葉エキス

シソ科の常緑性低木であるローズマリー(和名はマンネンロウ)から抽出されるローズマリー葉エキスには、収れん作用や消炎効果、血行促進、抗酸化作用、抗菌・殺菌効果があり、化粧品にもよく使われる成分です。

セージ葉エキス

やはりシソ科でサルビアの仲間のセージも、ローズマリーと同じく、アロマや化粧品に使われます。

血行促進、殺菌、消炎などの作用に加え、抗酸化作用や保湿作用があります。

ゴボウ根エキス

キク科のゴボウは、食用だけでなく漢方や化粧品に広く使われています。

保湿効果や血行促進、収れん作用があり、チャップアップローションにも配合されています。

セイヨウサンザシ果実エキス

ビタミン類やフラボノイド、タンニン、サポニンが豊富に含まれるセイヨウサンザシ果実エキスは、抗菌化作用や抗炎症作用が期待できます。

バラ科のセイヨウサンザシは、サプリメントにもなるほどすぐれたアンチエイジング効果があるのですね。

こちらも、チャップアップローションにも使用されている成分です。

キュウリ果実エキス

ウリ科のキュウリから抽出されるエキスは、キュウカンバーエキスとも呼ばれ、仲間のヘチマと同様に、化粧水に利用されます。

効能は、収れん効果や保湿効果、抗炎症作用など。

タチジャコウソウ花/葉エキス

タイムと呼ばれることが多いシソ科のジャコウソウは、殺菌作用が高く、防腐剤にも使用されるくらい強力。

ほかにも、収れん、抗炎症、血流促進、抗酸化にも効き、頭皮をやわらかくする作用もあります。

ほかにも、ラベンダー花エキスやアルテア根エキス、カミツレエキス、ドクダミエキスなど、自然由来の成分がたっぷり詰まっています。

そしてローションと同様、有害とされる合成添加物は使われていないので、頭皮や髪をいたわりながら洗えるシャンプーといえそうです。

飲んで効く?サプリメント

チャップアップのサプリメントには、ノコギリヤシ、亜鉛、フィーバーフュー(ナツシロギク)を筆頭に、全18種類の天然成分が配合されています。

そしてこちらも無添加・無香料。

主な成分の効能をチェックしてみましょう。

ノコギリヤシ

米国東部原産のノコギリヤシは、前立腺肥大症用のサプリメントとして知られていますよね。

前立腺肥大症に効くといえば、フィナステリドももとは前立腺疾患の治療薬でした。

そんなところから、ノコギリヤシにも5αリダクターゼをブロックする作用があるのでは?と注目されています。

亜鉛

髪の毛の大部分を占めるケラチンを生成させるには、亜鉛は必須のミネラルです。

たくさん摂ればフサフサに、というワケではありませんが、不足すると元気な髪の毛を生やすことができません。

フィーバーフュー

キク科の植物フィーバーフューは、日本では観賞用としても人気の菊で、白い可憐な花を咲かせます。

10年ほど前、フィーバーフューに含まれるパルテノライドが、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成に関わる「NF-kB」というたんぱく質をおさえる作用があると一時期取り沙汰されました。

そして、血管拡張作用や抗炎症作用があるので、頭皮環境を整えることができます。

口コミで探る、チャップアップの効果

効果については、口コミを参考にしてみましょう。

アマゾンのレビュー

アマゾンでのローションのレビューは、☆5が満点のところ、平均が2.7のものと、3.9のものがありました。

この差は、ショップの対応に対する評価も含まれているのでしょうか?

☆2.7のショップでは、1コの最低評価が41%を占めるものの、次いで多いのが☆5で23%と、かなり割れています。

「金の浪費でした」というバッサリな意見から、「抜け毛がなくなりました」という喜びの声までいろいろです。

シャンプーは平均で☆3.7で、5が43%、1が17%と、なかなかの評価。

「ボリュームと髪質が改善」というものや、「みるみる抜け毛が増えた」なんて意見も。

サプリメントも☆3.2というまあまあの平均値で、5コと1コともに33%。

「抜け毛が減った」との高評価のものや、「本当は星ゼロ」という怒りに満ちたコメントも。

楽天市場のレビュー

楽天市場では、ローションの評価が意外と高く、レビューがついているもので平均して☆4弱です。

一番☆が多いのが、5本セットの4.06で、5本も一度に買うからにはリピーターが多く、「ハリとコシが出てきている」といった意見があります。

低評価のものでは、「医者の治療のほうがコスパは良い」といったものがありました。

シャンプーも楽天では評判がよく、どこもだいたい☆4を超えています。

「すぐに違いが出ました」「サラサラになる」と皆さん気に入った様子。

じっくり見てみると、ローションは使わずにシャンプーだけ、という人が多いようです。

サプリメントのみでは、☆は平均3.8なのですが、3と4に集中して1や2、5はありません。

コメントは、「何となく良いような」「抜け毛は少し減った気がする」といった、なんとなく派の意見ばかりでした。

5ちゃんねるの書き込み

5ちゃんねるでは、「チャップアップについて」と「本日のチャップアップ業者」というスレッドがありました。

「チャップアップについて」は2014年5月に立ち上がり、2018年2月まで1000件近い書き込みがあります。

ネット系育毛剤にしては、書き込みが多い模様。

しかし、「効果あったっていう書き込みが少ないね」という意見があるように、チャップアップ単体で生えた、という報告はほとんどありません。

よくて、抜け毛が減った気がする、というもの。

「本日のチャップアップ業者」は、10件しか書き込みがありません。

これはチャップアップの効果についてのものではなく、チャップアップの売り上げに貢献する「チャップアッパー」に対するシャレのスレッドです。

チャップアップの本当の実力

いろんな意見があるレビューや、賞賛のみのサイトだけでは、実際の効果はどうなのか、ちょっと掴みづらいですよね。

そこで、チャップアップに配合されている成分の効果について、じっくり見ていきましょう。

まずは、ローションについて。

3大有効成分とされるセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIに、発毛効果があるのでしょうか?

センブリエキスは、医薬部外品の育毛剤の有効成分として、厚生労働省が認可した成分です。

そう聞くと、やっぱり効果がありそう!と感じてしまいますが、あくまでも育毛剤に入れると頭皮環境を整える効果がある、という意味合いの認可で、発毛効果としては認めていないのですよね。

そこを誇張して「厚生労働省が認めた成分!」と謳っているサイトも多いのですが、これは印象操作以外のなにものでもありません。

また、センブリエキスに含まれるアマロスウェリンとアマロゲンチンには、毛乳頭のはたらきを活発にする作用があるとされていますが、毛乳頭は発毛の指令を出す役割りがあるものの、指令を活発に出すようになったからといって、発毛力が衰えているのであれば、あまり意味がないのです。

それに、厚生省が認可したといっても、日本皮膚科学会が出した男性型脱毛症診療ガイドラインに、センブリエキスは成分名すら記載されていないのです。

つまり、最低ランクの推奨度C2「用いない方がよい」にすら達していないのですよね。

ちなみに、2010年版のガイドラインで推奨度A「第一選択薬として用いるべきである」は、ミノキシジルとフィナステリドのみで、長年皮膚科で脱毛治療に使われている塩化カルプロニウムでさえ、C1「用いてもよい」となっています。

筆頭成分のセンブリエキスがこれでは、殺菌作用や抗炎症作用、血行促進作用が効能のグリチルリチン酸ジカリウムとジフェンヒドラミンHCIはいわずもがな。

もちろん、そのほかの自然由来成分も似たり寄ったりです。

頭皮環境を整えるローション、という意味づけしかないといえるでしょう。

シャンプーとサプリメントもしかり。

シャンプーの成分は、保湿や収れん効果、抗酸化作用といった化粧品レベルの効能のものばかりで、しかもシャンプーはすぐ洗い流すもの。

こうした作用がどれほど有効にはたらくのか、少々疑問です。

とはいえ合成添加物は無添加ですし、一般のシャンプーより刺激性が少ないやさしいシャンプー、と捉えておくといいですね。

そして、サプリメントの有効成分ノコギリヤシが、5αリダクターゼをブロックしてくれるというのは、もはや幻想の域です。

この説の根拠となっているのが、「前立腺肥大症にフィナステリド同様に効果があるから、AGAにも効くのでは?」というものですが、実はノコギリヤシの前立腺肥大症に対する効果自体、厚生労働省に否定されているのですよね。

厚生労働省が運営する『「総合医療」情報発信サイト』で、「2006年にNIHが助成した試験では、中等度から重度のBPHを有する男性225人にノコギリヤシ320 mgまたはプラセボを毎日1年間投与しましたが、症状の改善は認められませんでした。」とハッキリ明記されています。

亜鉛も、不足すれば脱毛の原因になりますが、だからといって多めに摂取すれば生えてくる、という類のものではありません。

フィーバーフューについても、薄毛に効くのでは?と騒がれたのは、もう10年前のこと。

その後、研究が進んだという話もなく、ウワサもすっかり立ち消えになったので、今のところ有益な結果が出ていないとみて間違いないでしょう。

育毛剤の役割りを知っておこう

さまざまなサイトに書かれている、「しっかり生えた」「ツムジが黒々と」というような発毛力は、どうやらチャップアップにはなさそうです。

しかし、頭皮環境を整える成分はたっぷり入っていますので、まずは土台のケアから、という人にはおすすめできる育毛剤です。

そう、今さらですが、育毛剤は発毛剤ではないのですね。

育毛剤でできることとできないことを知り、上手に使い分けをしながら、頭皮のケアをコツコツ行っていきましょう。

しっかり発毛させたいのであれば、やはりAGAクリニックへ。
チャップアップの商品レビューにもありましたが、結局はコストパフォーマンス的にも、効果の面でも、最強ですよ。

  • ちなみに僕は銀クリでAGA治療を受けていますが、最後まで悩んだAGAクリニックは、銀クリを含めてここです!

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

クリニック名 月額 主要エリア 詳細
銀クリ(銀座総合美容クリニック) 7,020~18,900円(税込) 東京(新橋)

公式ページ

ヘアメディカルグループ 15,000円~32,000円(税別) 東京名古屋大阪福岡

公式ページ

AGAスキンクリニック 3,400円(税別)~ 渋谷新宿名古屋大阪福岡他全国各地

公式ページ

SBC 湘南美容クリニック 3,000円(税込)~ 新宿横浜名古屋大阪福岡他全国各地

公式ページ


銀クリのAGA治療体験記はこちら

関連記事

ライター情報

近藤 あきら

近藤 あきら

25歳を過ぎた頃から頭部に暗雲が立ち込め始め、気が付けば徐々に毛が生えない荒野と化していった。慌てて育毛剤などを試すも効果なく、ハゲを治す最後の頼みの綱として、都内にあるAGA専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』で治療を受けることを決断!

  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • line
  • AGA治療クリニック 突撃!取材レポート