近藤の銀クリ治療経過

  • 治療開始前
    (頭頂部)

    治療15ヶ月
    (頭頂部)

  • 治療開始前
    (後頭部)

    治療15ヶ月
    (頭頂部)

銀座総合美容クリニックの治療体験談

銀クリのノーニードル育毛メソセラピーを徹底解説、1回2万円以下でコスパの高い治療法!

null
※本記事は2018年12月末に作成したものです。

銀クリ(銀座総合美容クリニック)は東京の新橋に1院しかないにもかかわらず、AGAクリニックとしては抜群の知名度を誇ります。

その銀クリの豊富な薄毛治療メニューの中で、本記事では「育毛メソセラピー」について徹底的に掘り下げて解説します。

銀クリの以下のような育毛メソセラピーの特徴について、もっと詳しく知りたい方はぜひ最後まで読んでみてください!

  • 他のクリニックと比べてリーズナブルな費用
  • 注入する薬剤の種類が発毛因子&ミノキシジル&フィナステリドと豊富
  • 針を使わずに痛みを感じにくいノーニードル法
  • 僕は現在も銀クリでAGA治療中で、ノーニードル育毛メソセラピーの施術も毎月1回受けています。

    メソセラピーの値段の安さが銀クリに通院する決め手になったと言っても過言ではありません。

    ちなみに僕が銀クリで治療を始めるきっかけは、こちらで確認してみてください!

    結局AGA治療を行う専門クリニックしか効果がありませんでした


銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)



目次

そもそも育毛メソセラピーって何?

銀クリの解説の前に、まずは育毛メソセラピーとはどのような施術なのか確認しておきましょう。

育毛メソセラピーとは、発毛のために必要な栄養素や薬剤を、頭皮に直接注入する薄毛治療法です。

頭皮にただ薬剤を塗るだけよりも、毛根部へ確実に発毛成分を届けることができるというわけです。

育毛メソセラピーの注入成分

育毛メソセラピーで注入されるのは以下のような成分です。
それぞれのAGAクリニックごとに成分を組み合わせて、オリジナルの育毛メソセラピーを提供しています。

  • 発毛に重要なIGF-1やVEGFなどの成長因子(発毛因子)
  • ミノキシジルやフィナステリドなどの発毛医薬品
  • 血行促進成分
  • ビタミンなどの栄養素
発毛のために必要な栄養素や薬剤の頭皮への注入方法

頭皮への注入にはいくつかの方法があり、現在は以下のものが一般的です。

  • 針を使って注入する注射系
  • 針を使わないノーニードル系(イオン導入法、電気穿孔法など)

ノーニードル育毛メソセラピーでよく使われていたイオン導入法は、成分が頭皮に届きにくいデメリットがありました。

それを解決したのが銀クリでも採用している電気穿孔法です。

成分を余すことなく頭皮のすぐ下にある毛根に届けられるため、非常に効果が高い手法です。

この電気穿孔法についての詳しい解説は後述しています。
銀クリのメソセラピーで採用されている「電気穿孔法」とは?

銀クリのノーニードル育毛メソセラピーの特徴やメリット

銀クリ(銀座総合美容クリニック)のノーニードル育毛メソセラピーには、主に以下の3つの特徴やメリットがあります。

1回2万円以下とコスパが高い

銀クリの育毛メソセラピーは1回19,440円(税込)

他のAGAクリニックの育毛メソセラピーと比べるとかなり安く、気軽に施術を受けやすい価格設定となっています。

育毛メソセラピーは1度だけで効果が出るものではなく、継続的に何回か行う必要があるAGA治療法なので、1回あたりの費用が安ければ、それだけ続けやすくなるでしょう。

成長因子+ミノキシジル&フィナステリド

銀クリのノーニードル育毛メソセラピーは、発毛に重要な「成長因子」と内服薬としても使われているミノキシジル&フィナステリドを注入します。

他のAGAクリニックの育毛メソセラピーでは、成長因子だけのところや、逆に成長因子が含まれていないところもあります。

その点銀クリは、「成長因子+ミノキシジル&フィナステリド」のどちらも頭皮に注入でき、かつ2万円以下の低価格ですから、非常にコスパが高いと言えるでしょう。

ミノキシジルなどAGA治療薬に関する詳細記事はこちら

たくさんあるAGA治療薬、ミノキシジルからジェネリックまで徹底解説!

針を使わないので痛みを感じず、翌日からの生活に影響を与えない

銀クリの育毛メソセラピーは、針を使わない方式(ノーニードル育毛メソセラピー)です。

一般的な育毛メソセラピーでは、注射器のような機械を使って頭皮に薬剤を注入していきます。

麻酔などするものの軽い痛みは感じますし、頭皮に針が刺さるわけなので少し出血します。

またどうしても注射式メソセラピーをした後の数日間は、生活に影響が出てしまうでしょう。

それに対して針を使わないノーニードル育毛メソセラピーであれば、あまり痛みも感じず、当日からすぐにシャンプーをすることも可能です。

  • ただ施術から6時間は、入浴やシャンプーはできないので注意してください。

その他注意事項など銀クリのメソセラピーの通院レポートはこちら

【銀クリ通院レポート】初めてノーニードルメソセラピーの施術を受けてきました

銀クリの育毛メソセラピーには、他のクリニックと比較すると上記のような3つの特徴・メリットが存在します。

とくに嬉しいのは、1回の費用が19,440円ととてもリーズナブルなところ!

育毛メソセラピーは、施術を受けたくても内服薬よりも費用がかかることから仕方なく諦める方が多くいます。

しかし銀クリの育毛メソセラピーであれば、比較的気軽に受けられる値段ですので、関東圏在住の方や出張などで頻繁に東京に来られる方は、ぜひ試してみましょう。

銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)


銀クリのメソセラピーで採用されている「電気穿孔法」とは?

銀クリのメソセラピーでは「電気穿孔法」を採用しています。

電気穿孔法はエレクトロポレーションとも呼ばれ、ノーニードル法でもっとも効率よく薬剤を毛根部に届けられる方法の1つです。

電気穿孔法は頭皮の細胞膜に0.5V〜1Vほどの電気パルスを流します。
この時の刺激で頭皮には非常に小さい穴が空くため、そこに薬剤を注入しやすくなるのです。

  • 金属の細い棒で頭皮をなぞっていきます。
    銀クリの公式サイトでイラストも載ってますが、個人的には人生ゲームの人形をイメージしました。(あくまで個人の感想です。)

針を使って穴を空けるメソセラピーでは、一定期間シャンプー禁止になるなど、どうしてもその後の生活に支障が出てしまいます。

銀クリの電気穿孔法は、生活に影響を与えずにしっかりと薬剤を注入できる優れた方法なのです。

ただし、先述しましたが、施術後6時間は入浴できないので注意しましょう。

ノーニードルの電気穿孔法とイオン導入法、浸透率の違いを比較

電気穿孔法が、同じく針を使わない「イオン導入法」と比べてどれだけ効率的に薬剤を注入できるか見ていきましょう。

電気穿孔法 イオン導入法
頭皮から2cm 94% 5%
頭皮から1cm 99% 10%

電気穿孔法ではどちらも90%以上の浸透率に対して、イオン導入では5~10%と非常に低い浸透率にとどまっていることがわかります。

ノーニードル法は、頭皮の奥深くに薬剤を注入するほど浸透率は下がりますが、電気穿孔法は2cm程度であれば90%以上を実現しています。

電気穿孔法に痛みや出血はあるの?

先述しましたが、一般的な育毛メソセラピーの場合、注射器のような機械を使い頭皮に薬剤を注入します。

麻酔など使うものの軽い痛みを感じ、また頭皮に針が刺さるため多少出血します。

ちなみにAGAスキンクリニックでは、麻酔ではなく頭皮を冷やす器具(スティック)を使い、注射の痛みを軽減しています。

しかし電気穿孔法の場合、頭皮に物理的な針を刺すわけではないため、出血はまったくありません

電気パルスの刺激で頭皮には非常に小さい穴が空くわけですが、出血するほどの穴ではないので心配しなくても大丈夫です。

また痛みもほとんど感じません

承諾書に「頭皮にピリピリ感や軽い痛みを感じる場合もあります」と書かれているように、電気パルスを流す際に多少の刺激や違和感があるケースもありますが、施術中に何も感じず寝てしまう方がほとんどのようです。

もし痛いと感じた場合でも、流す電気の強さを調整してもらえます

注射恐怖症の方にとって、頭皮に注射するメソセラピーは地獄ですが、電気穿孔法であれば安心して受けられます。

  • 僕は毎回気持ち良い頭皮マッサージを受けている感じで、いつも寝てしまってます。(苦笑)

    ただ最初は、冬場の静電気のように頭皮がビリッとしました。
    後に生え際の傷跡が原因と分かり、そこを避けるようにしてもらうとまったく問題なくなったわけですが、電気の調節も可能ですし、僕のように傷跡などあってもしっかりと避けてもらえるので安心ですよ。

    詳しくは下記の通院レポートで報告しています。

銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)


銀クリのメソセラピーの注入成分を徹底解説!成長因子やミノキシジルなどの効果は?

銀クリのメソセラピーは、どのような成分を頭皮に注入するのか、1つ1つの成分の効果もあわせて徹底解説します。

ミノキシジル:日本で唯一発毛効果が認められている成分

ミノキシジルは、日本で唯一発毛効果が認められている成分です。

1999年にミノキシジルの外用薬が厚生労働省により正式認可され、同年には現在も高い人気を誇るシリーズ、『リアップ』が製品化されました。

その後2018年に入ってからは、『メディカルミノキ5』や『リグロEX5』など多くのミノキシジル配合の発毛剤が発売されています。

ミノキシジルの発毛メカニズムはまだ完全には解明されていませんが、発毛因子のVEGFなどを体内で作り出すことで発毛を促していると分かってきています。

銀クリの育毛メソセラピーでは、この世界中で使われ信頼のおけるミノキシジルを頭皮の奥に直接注入します。

リアップなどのミノキシジル配合発毛剤(外用薬)の場合、頭皮に塗って使うため、どれだけ頭皮に浸透するかは未知数なところがあります。

それに対して銀クリの育毛メソセラピーでは頭皮に直接注入するために、毛根に届きやすいと考えられています。

  • 発毛剤は、内服薬に比べてミノキシジルの成分量が少ないため、クリニックの治療よりも発毛効果の期待値は下がってしまいます。

フィナステリド:AGAの主な原因の男性ホルモンの生成を防ぎ進行を抑制

フィナステリドは、2005年に日本で処方が解禁されたAGA治療薬「プロペシア」の有効成分です。

AGA(男性型脱毛症)の主な原因である、脱毛を促すジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの生成を防ぐことで、AGAの進行を抑制する効果があります。

ただごく一部ですが、勃起障害や肝臓に負担がかかり肝機能障害になるなどの副作用も報告されています。

  • 銀クリでは、ミノキシジルやフィナステリドを服用して副作用が起きるケースはまれと言われました。

    実際に僕はAGA治療を1年半以上継続していますが副作用はなく、また万が一起きてもすぐに医師のサポートが受けられる状態なので安心して通院しています。

ちなみに日本の病院で処方されているフィナステリドは、外用薬ではなく錠剤型の内服薬です。

銀クリの育毛メソセラピーは直接頭皮にフィナステリドを注入するので、頭皮に対して有効成分が集中して効くと考えられています。
そのため肝機能障害や勃起障害などの副作用の不安はより軽減され、即効性は増しています。

  • フィナステリドは、胎児や乳児の生殖器官の発達に悪影響を及ぼしてしまう危険性があるため女性には使えません。

    ただ銀クリでは、フィナステリドを除外してもらえるので、女性も施術が受けられます。

成長因子(グロースファクター):人間の肌の再生に重要な成分

成長因子(グロースファクター)は、発毛にかぎらず人間の肌の再生などに重要な成分です。

基本的には体内で生産される成分ですが、老化などで作り出される量が減ってしまうため、外部から補う美容外科手法が女性にも人気です。

ただし成長因子は取り扱いが難しく、普通の成分のように長期保存ができません。

何もせず常温で保存するだけでは、失活といってすぐに効果が失われてしまいます。

できるだけ新鮮な状態の成長因子を使うには、常時冷凍冷蔵管理を行うかフリーズドライ化(凍結乾燥)したものを直前に水に溶かして使用するしかないのです。

そのため、成長因子を使った発毛治療はどうしても費用がかかってしまう傾向にあり、メソセラピーなどごく一部の治療法でしか使われていません。

  • 成長因子配合の育毛剤などありますが、購入して使う頃にはすでに失活して何も効果がありません。

    ただ、その失活を疑似成長因子でカバーした『メソセラポス スカルプリキッド』が発売されています。

    費用面などの理由でメソセラピーを断念した方は、『メソセラポス スカルプリキッド』を使うのも一つの方法です。

メソケア+ メソセラポス スカルプリキッド

メソセラポススカルプリキッド ・従来の成長因子の弱点である失活を疑似成長因子がカバー!
・成長因子の注入治療『メソセラピー』の施術が自宅で簡単にできる画期的なセルフケア商品
・AGA治療の新たなサポート役!内服薬や発毛剤との併用も可能
キャピキシルピディオキシジル配合
定価:11,000円(税込)
・120ml 約1.5ヶ月分


銀クリで注入するVEGF(血管内皮成長因子)などの3つの成長因子

VEGF(血管内皮成長因子)

銀クリのメソセラピーでもっとも発毛効果が高い成長因子が「VEGF」です。

なぜ発毛を促すのか、そのメカニズムはまだ完全には解明されていませんが、VEGF自体が発毛に貢献していることは間違いなく、メソセラピーで頭皮に直接注入することには大きなメリットがあるでしょう。

現在のところ推測されているVEGFの発毛メカニズムは2つあります。

1つ目は頭皮周辺の毛細血管の数を増やす効果です。

毛細血管が多くなると頭皮の細胞の働きが活発になり、毛を作り出す機能も増すのではないかと考えられています。

もう1つVEGFが発毛を促すメカニズムとして有力なのが、毛母細胞への働きかけ。

毛母細胞とは毛根付近にあって頭髪を作る上でもっとも重要な細胞です。

頭皮周辺のVEGFの量が増えると、毛母細胞の働きも活発になることが研究でわかっており、VEGFの発毛メカニズムを支えていると推測されます。

  • ちなみにミノキシジルが発毛するのはこのVEGFが増えるからという説が濃厚です。

    以前は血流が促進されるから髪の毛が生えると考えられてきましたが、最新の研究によりむしろ成長因子の分泌を促すことにより発毛するのが分かってきています。

IGF-1(インスリン様成長因子)

IGF-1は、毛根部の細胞を刺激することで発毛を促すと考えられています。

IGF-1によって刺激された毛母細胞から生えた髪の毛は「太く」なることが分かっており、発毛効果に加えて、すでに生えている髪の毛のボリュームアップにも役立つでしょう。

bFGF(繊維芽細胞成長因子)

bFGFの発毛メカニズムは「血行促進」です。

頭皮の毛細血管の血流を改善することで、毛母細胞などの働きをサポートしてくれます。

コエンザイムQ10:古い細胞の入れ替えや再生産を促す働き

コエンザイムQ10は、古くなった細胞の再生産を促す働きを持っていて、アンチエイジングサプリとして一世を風靡しました。

一度作られた細胞は死ぬまでずっと使われ続けるわけではなく、定期的に細胞を入れ替えることによって、肌や内臓などの機能を保つようにできています。

コエンザイムQ10は、この細胞の入れ替えや再生産を積極的に促し、髪の毛を作り出す毛乳頭細胞などの活動を維持してくれます。

また頭皮の血流を改善する効果もあり、髪の毛を作るために必要な栄養素が毛根に届きやすくしてくれます。

  • コエンザイムQ10は、飲むだけだと効果が薄いため、サプリブームはすぐに終わってしまいました。

    でもメソセラピーで頭皮に直接注入すれば、コエンザイムQ10本来の効果を得やすくなります。

    今までサプリを飲んで効かなかった人も、メソセラピーなら効果があるかもしれません。

ヒアルロン酸:毛根部の細胞の保湿力を高める成分

ヒアルロン酸は、化粧水や乳液などに欠かせない「保湿成分」です。

細胞は水分が失われてカラカラに乾いてしまうと、徐々にその働きが弱まってしまいます。

ただ頭皮に塗っただけでは、毛根部の細胞までは届きません。

銀クリの育毛メソセラピーは、ヒアルロン酸を直接頭皮に注入するので、毛根部の細胞の保湿力を高め、発毛効果の期待値をUPしてくれます。

銅ペプチド:女性の薄毛にも最適な治療成分

銅ペプチドは、脱毛を促進する男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)が体内で生成されるのを防いでくれます。

いわば副作用の少ない「フィナステリド」のような存在と言えるかもしれません。

女性の場合フィナステリドは使用できませんが、銅ペプチドなら安全な成分。

女性の薄毛(FAGA)に最適な治療成分の1つとされています。

銀クリのメソセラピーの費用、半年や1年間でいくら掛かる?

銀クリのノーニードル育毛メソセラピーは1回あたり19,440円(税込)

他のクリニックと比べるとかなりリーズナブルです。

また、最低3回や6回からしかできないところもあるなか、気軽に試してみたい方にとっても銀クリは向いています。

ただメソセラピーは、1回でずっと効果が継続するわけではなく、ある程度は継続的に行う必要があります

そのため銀クリでは、最初の半年間で8回育毛メソセラピーを行うことが基本とされています。
※最初の2ヶ月は2週間に1度、その後は月に1度ペースで行います。

  • 僕も銀クリでメソセラピーの施術を受けてますが、最初の半年間は計8回、その後は半年間で6回(月に1回)のペースで行っています。

【ノーニードル育毛メソセラピー、半年間・1年間に掛かる費用(税込)】

~2ヶ月目(月に2回) 1ヶ月あたり38,880円
3か月目以降(月に1回) 1ヶ月あたり19,440円
半年間の合計 155,520円
1年間の合計 272,160円

上記にはミノキシジルやフィナステリドの内服薬の治療費は含まれていません。

1回あたりは安いものの、やはり回数を重ねればそれなりの費用になってしまうことがわかります。

銀クリの長年の育毛メソセラピーの治療実績や研究成果により、「半年で8回」がもっとも治療効果が高いと判断されているのは事実です。

ただ必ずしもこの頻度で行う必要はありません。
費用負担を軽減したい場合は、少なめの回数に変更することもできます。

  • また一度メソセラピーを受けたからといって、ずっと継続しなければならないわけではありません。

    ペース変更はもちろん、内服薬のみの治療に変更することも可能なので、診察時に相談しましょう。

銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)


銀クリのメソセラピーでよくあるQ&A

  • AGA(男性型脱毛症)は育毛メソセラピーだけで改善する?他の治療法は必要ない?

    銀クリではミノキシジルやフィナステリドなどの発毛治療薬との併用を推奨しています。

    メインはミノキシジルやフィナステリドの成分量が多い内服薬の治療で、育毛メソセラピーはさらに効果を高めるための、あくまでセットで行うべき施術です。

  • 育毛メソセラピーと内服薬の治療のどちらか1つを選ぶなら、内服薬の治療を選択しましょう。

    銀クリの育毛メソセラピーは、他クリニックと比べて安いとはいえ1回2万円近くしますし、月々7,020~18,900円の治療薬と比べると高いですからね。

  • 銀クリの育毛メソセラピーを受けられない場合もある?

    育毛メソセラピーは副作用が少ないために幅広い方が受けられます。
    しかし注入前の診察で適していないと判断されれば、育毛メソセラピーを断られることもあるでしょう。

【例:育毛メソセラピーが受けられない方】

  • 重大な循環器系疾患(心臓など)を抱えている
  • 湿疹など頭皮が極端に荒れている
  • ペースメーカーを使っている
  • 美容整形でいわゆる「金の糸」を使い、体内にまだ残っている

ペースメーカー使用者や「金の糸」の使用者が銀クリの育毛メソセラピーを受けられないのは、体内に残っている金属類が原因です。
体内に電流を流す「電気穿孔法」を使って薬剤を注入するため、金属類が反応してしまい危険なのです。

ちなみに「金の糸」とは、別名「ロシアンリフト」と呼ばれ、シワなどで衰えた肌に特殊な純金の糸を入れてコラーゲンなどを産出する細胞を活性化させて肌を若返らせる、メスを使わない画期的な美容術です。

  • 女性は受けられる?

    可能です。

    育毛メソセラピーは、治療対象者に応じて注入する成分をクリニックが自由に変更できる点が良いところです。

    銀クリの育毛メソセラピーには、女性に使えない「フィナステリド」も注入成分に含まれますが、除外できるため問題なく受けられます。

  • 持続力はあるの?

    基本的に育毛メソセラピーは、止めたら効果が無くなります。
    これは銀クリに限らず育毛メソセラピー全般に言えることです。

ただし内服薬と併用しながら、初期の段階で集中的に育毛メソセラピーを行えば、健康な髪の毛がしっかりと生えてきます。

なので育毛メソセラピーを止めても、すぐに脱毛することはないでしょう。

メソセラピーを試したい方は銀クリに行こう!

最後に銀クリのノーニードル育毛メソセラピーについての重要点をまとめました。

  • 銀クリのメソセラピーは針を使わないノーニードル法
  • ノーニードル法の中でも注入した薬剤が毛根に届きやすい電気穿孔法を採用
  • 1回19,440円とリーズナブル
  • メソセラピーは半年で8回行うと効果が高い
  • 治療はフィナステリドなどの内服薬を併用するのが基本
  • クリニックは東京の新橋の1院のみのため地方の方は通いづらい

あえて銀クリのデメリットを挙げるなら、東京の新橋にしかクリニックが無い点。

AGAスキンクリニックや湘南美容クリニックのような全国展開のクリニックではないため、地方に住んでいる方は通いづらいかもしれません。

ただそれでも首都圏内なら、東京上野ラインや横須賀総武快速線など利用すれば十分通えますし、新幹線や羽田空港からもアクセスが良いので、出張や旅行のついでに通院している方も多いそうです。

そして銀クリの育毛メソセラピーのメリットは、何と言っても針を使わないノーニードルのメソセラピーが、1回2万円以下のリーズナブルな費用で受けられるところ。

費用面から育毛メソセラピーを断念した方や、一度試しに受けてみたい方は、銀クリでの施術を検討してみましょう。

  • 僕は銀クリでミノキシジルとフィナステリドの内服薬と、月に1回ノーニードルメソセラピーの施術を受けて治療してます。

    銀クリのメソセラピーはリーズナブルなので、毎月の支払いも問題なく安心して治療を継続できていますよ。


銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)




関連記事

ライター情報

近藤 あきら

近藤 あきら

25歳を過ぎた頃から頭部に暗雲が立ち込め始め、気が付けば徐々に毛が生えない荒野と化していった。  慌てて育毛剤などを試すも効果なく、ハゲを治す最後の頼みの綱として、都内にあるAGAクリニック『銀クリ(銀座総合美容クリニック)』で治療を受けることを決断し、現在も通院中!  『公益社団法人 日本毛髪科学協会』会員。  毛髪診断士の資格取得を目指し、日々勉強しています!

  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • line
  • AGA治療クリニック 突撃!取材レポート