近藤の銀クリ治療経過

  • 治療開始前(後頭部)

    治療開始前(頭頂部)

  • 1ヶ月後(後頭部)

    1ヶ月後(頭頂部)

  • 2ヶ月(後頭部)

    2ヶ月(頭頂部)

  • 3ヶ月(後頭部)

    3ヶ月(頭頂部)

  • 4ヶ月(後頭部)

    4ヶ月(頭頂部)

  • 5ヶ月(後頭部)

    5ヶ月(頭頂部)

  • 半年(後頭部)

    半年(頭頂部)

  • 8ヶ月(後頭部)

    8ヶ月(頭頂部)

  • 10ヶ月(後頭部)

    10ヶ月(頭頂部)

銀座総合美容クリニックの治療体験談

育毛剤ランキングは信用できる?購入前に気を付けたい注意点とは

そろそろ髪の毛がヤバいな、と感じたとき、とりあえず育毛剤から対策を始めよう、という人も多いのではないでしょうか。

最近はネット販売をしている育毛剤にもいろんな種類があって、以前よりずっと手軽に買えるようになってきていますよね。

店頭で気まずい思いをして購入する必要がないのは、とてもありがたいこと。

でも、いざ買おうとすると、あまりにも種類がありすぎて、どれを選べばいいのかわからないという問題に直面します。

そこで「育毛剤」と検索をしてみると、出るわ出るわ、育毛剤ランキングサイトがズラリ。

育毛剤メーカーや販売しているサイトさえ押しのけて、検索結果の何ページにも亘ってこれでもかと出てきます。

こうしたランキングサイトは、人気のありそうな育毛剤がひと目でわかるようになっていて、「なるほど~」と思わず見入ってしまいますよね。

これをみてランク上位のものを選べば、とりあえず間違いはなさそうな気がします。

でもなぜだか、サイトによって順位やランクインしているものが違っていて、さらに迷うことも。

人気順や売り上げ順のランキングなら、どのサイトをみても順位はだいたい同じはずなのですが…

育毛剤ランキングって、いったいどうなっているのでしょうか?

目次

ランキングの根拠って?

商品のランキングといったら、売れている順や、人気の高い順に並んでいると思ってしまうもの。

テレビの歌番組や雑誌の人気投票などで子どものころから刷り込まれてきていることもあり、無意識のうちにそうとってしまいますよね。

ですから、どうしてサイトによって順位が違ってくるか、不思議に感じるのもムリはありません。

また、よく考えると、こんなに多くのランキングサイトが乱立していているということは、それだけたくさんの管理者がいるということです。

そんな多くの人たちが、それぞれ育毛剤の販売数やら評価の割り合いやらの正確な情報をキャッチしているなんて、そもそもありえませんよね。

もちろん中には、薄毛関連のコミュニティサイトで集まった意見や、自らが実験台になって得られた体験による順位など、独自の切り口や調査でランキングを作成しているサイトもあります。

ほかにも、ECサイトでの売り上げランキングを利用しているところもありますよね。

このように、ランキングの根拠を明確にしているのであれば、まだ納得できます。

しかし、情報のソースを明かさずに、ズラズラと1位から育毛剤を並べているサイトのほうが多数で、その多くが「おすすめ育毛剤ランキング」というもの。

なにを根拠に「おすすめ」なのか、イマイチわかりません。

そして、ランクインしている育毛剤はなぜかネット販売系のものばかりで、ご丁寧にクリックすると、即座に公式サイトの販売ページに飛ぶようになっているのです。

ところで、育毛剤の公式サイトには、よく「ランキングサイトで人気ナンバーワン!」とか、「有名薄毛サイトで1位を獲得!」などという宣伝文句が派手に踊っています。

どの育毛剤の販売ページをみてもそんな調子なので、本当かな?なんて怪しみたくなりますが、たぶんこれに偽りはないでしょう。

もしウソなら、検索すれば一発でバレてしまいますからね。

では、ランキングサイトのほうはどうでしょうか。

個人的なサイトが勝手にランキングを作成しているというスタンスであれば、あまりとやかくいわれませんよね。

明らかにウソの情報であれば問題となりますが、「おすすめ」とあれば、その理由が書かれていなくてもセーフとなるでしょう。

ですから、作るほうは案外自由。

しかし、ランキングサイトを見る人は、「人気ランキング」にしろ「おすすめランキング」にしろ、順位が発表されていたら、「へぇ、そうなんだ」とその根拠までは追求せずに、上位の育毛剤がすぐれているものだと受け取ります。

そしてそのランキングを、もし販売元が作るよう仕向けて利用しているのだとすれば…

ランキング上位の育毛剤は効果もスゴイ?

ランキングサイトで名を連ねている育毛剤は、サイトによって順位が入れ替わっていますが、限られた数種類でほぼ固定。

このサイトでもご紹介したフィンジアや、ソヴールのOEM医薬部外品仲間(チャップアップBUBKAなど)がランクインして、1位や2位、3位になったりしているのです(つまり、どの育毛剤も「1位を獲得!」といえるワケです)。

しかし、これらの育毛剤は、当サイトの紹介ページを見ていただくとわかるように、頭皮環境を整えて育毛をサポートする効果はあるものの、発毛力はないと見ていいでしょう。

頭皮の状態が悪くて薄毛になっていたという人には効果を感じられるかも知れませんが、進行性のあるAGAに対しては、とても太刀打ちできるほどの効きめはないのです。

それに、口コミサイトより本音で語られる5ちゃんねるのスレッドでの閑散ぶりを見てみると、すべての育毛剤の中では1~5位を争うほど売れているとは思えないのですよね。

まあ、ネット系の同じような育毛剤というせまいカテゴリーの中でのランキングでは、そうなっても不思議ではないのですが。

そんな育毛剤たちに関して、「フサフサになった!」「確かな育毛力!」なんて口コミがあったとしたら、疑ってみたほうがいいかも知れません。

オーバーに言っているのか、AGA治療薬を併用しているかのどちらだったり、ひどいものでは売らんがためのウソだったり、ということも。

5ちゃんねるでも、こうした育毛剤で「生えた!」と書き込んだ人が、あとで「ミノキと併用」と明かしているケースがチラホラと。

これでは、純粋な実力とはいえませんよね。

巧みなヒッカケ広告が横行するワケ

ある育毛開発プロデューサーが、自身の著書やインタビューなどで、育毛業界のウラ話を説いています。

それによると、育毛剤を売る公式サイトが「生える」といってしまっては薬機法違反になるのですが、一般のサイトであれば個人的な意見となり、法に抵触しないのだそうです。

そうしたサイトを販売元がうまく利用すれば、いい宣伝になりますよね。

つまり、多くのランキングサイトは、プッシュしたい育毛剤を売るためのサイトで、「人気ランキング」というよりは、「売りたいランキング」になってしまっているのです。

宣伝のためのランキングなら、サイトによって順位がまちまちというのもうなずけますよね。

そして、育毛剤の公式サイトでも、薄毛に悩む人が反応するフレーズを巧みに使い、印象操作でうまく誤解させるように誘導している広告表現が多用されています。

「ミノキシジルに匹敵する成分を配合」といっても、それは発毛力についてではなく、髪の毛の伸びる速さが匹敵するだけというものや、「ミノキシジルの倍以上の違いを実感」とあっても、どんな違いがあったのか書いていない、といった例もあるのです。

これらは厳密にいえばウソではないのですが、受け取る側としては、ミノキシジル並みかそれ以上の「発毛効果」があるように思ってしまうでしょう。

このように、勘違いして買ってくれさえすればOK、という世界なのです。

それに、こうした広告費ばかりかかる販売方法は、原材料や研究費は安くおさえられがちなので、育毛剤自体の実力もたかが知れている、とのこと。

販売価格の半分以上が広告費用という商品もザラだというのですから、なんともやるせないですよね。

こんなウラ情報をブチ撒けてくれた育毛開発プロデューサーの勇気に拍手を送りたいところですが、こうしたインタビューとて著書の宣伝になりますし、その本にしても自分がプロデュースしている製品の宣伝になっているのです。

そう、育毛剤だけでなく、どんなモノを売るにも、宣伝や広告はなくてはならぬもの。

この情報化社会では、アピールなしでは人目につかずに埋もれてしまい、商売にならないのは常識ですよね。

ただ、その手法が問題なのであって、ルール違反ギリギリの宣伝にだまされないよう、充分な注意を払う必要があるのです。

ランキングをうまく利用するには

とはいえ、育毛剤がまったく役に立たないということではありません。

AGAの治療薬を使う前に、とりえず育毛剤を試してみたいという人や、治療によって副作用が出てしまった人には、なにもしないよりはいいでしょう。

その場合、やはりランキングは気になりますよね。

ランキングサイトの中には、具体的な体験談が載せられているなど、信憑性が感じられて参考になるものもあります。

その人によかったからといって、自分にもあてはまるとは限りませんが、効果のほかにも、刺激性の有無やテクスチャーなどの使用感、効果が現れ始めたときの様子、1本を何日で消費したか、ということがわかれば、まったく情報がないよりずっといいですよね。

また、値段によるランキングや、アヤシイ育毛剤のランキング、おすすめできない育毛剤のランキング、ネット販売以外の市販されているものも含めたランキング、といったさまざまな趣向を凝らしたものもありますので、いろんな角度から育毛剤を検討するには、こうしたサイトも役立ちます。

要は、どういった情報をチョイスするかが大事なのですね。

こんなランキングサイトは要注意!

ランキングを参考にする場合は、特定の育毛剤を売ろうという意図がみえみえのサイトは避けましょう。

以下のようなサイトは、参考にしないほうが無難です。

趣旨があいまい

なんのランキングなのか、明記していないサイトも存在します。

人気ランキングなのか、サイトの主のおすすめなのか、売り上げ順なのかすらわからないサイトは、なにがいいたいのかわからない時点で、信頼できませんよね。

根拠があいまい

これはほとんどのサイトにいえることですが…

☆4.5コというのは、どこのデータから算出したのでしょうか。

体験談が薄っぺらい

とってつけたような体験談と、説得力が伴うホンモノの体験談とでは、雲泥の差があります。

やたら賞賛したり、一度落としてから持ち上げたりと、やらせっぽさが感じられたらアウトでしょう。

「これでフサフサになった!」と言ってしまっている

ネット系育毛剤オンリーでフサフサになることは、まずありえないでしょう。

特定の育毛剤だけ褒めたたえている

同じような成分なのに、一方はよさをアピールし、ほかは批判しているとしたら、それはステマの可能性大です。

高いのに「安い」と言い張る

1万円前後するのに、「これだけ効果があってこのお値段!」などと印象操作を図ろうするサイトのランキングは、信じないほうがいいですね。

厚生労働省に発毛効果が認められている成分ミノキシジルが入ったリアップのメーカー希望小売価格が7,048円(税抜)なのに対し、効果がアヤシイ育毛剤1万円がお買い得といえるような人は、金銭感覚が一般の人とかけ離れているワケで、参考にはならないでしょう。

この人はお金をドブに捨てるのが趣味なのか?と勘繰りたくなりますよね。

ゴリ推しランキングにだまされず冷静な判断を

ランキング形式で紹介されると、人はつい興味を惹かれてみてしまうもの。

そんな心理をついたランキングサイトは、一見すると消費者のためのように見えますが、売る側のゴリ推し要素が強いところも。ですから、闇雲に信じるのはやめましょう。

育毛ビジネスは、いまや巨大なマーケットです。

薄毛に悩む人に寄り添った良心的な業者も存在するものの、儲けることしか考えていない業者が多いのもまた事実。

そんな荒海にのまれて、あまり効果が期待できない育毛剤に大金をつぎ込むことがないよう、配合成分や幅広い口コミを参考にしながら、冷静な判断をしていきましょうね。

そして繰り返しますが、育毛剤だけではAGAと闘えません。

発毛を望むのであれば、安全確実なAGA治療をおすすめします。

管理人が通っているAGA治療専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』

銀クリ
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240~8,640円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・人気と実力を兼ね備えたAGAクリニック


銀クリのAGA治療体験記はこちら

関連ページ

ライター情報

近藤 あきら

近藤 あきら

近藤あきら。薄毛ジャパン代表。25歳を過ぎた頃から頭部に暗雲が立ち込め始め、気が付けば徐々に毛が生えない荒野と化していった。はげを治すべく、育毛剤などを試すも効果が見られず。最後の頼みの綱として、都内にあるAGA専門クリニック『銀座総合美容クリニック(銀クリ)』で治療を受けることを決断。

  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • line
  • AGA治療クリニック 突撃!取材レポート