近藤の銀クリ治療経過

  • 治療開始前
    (頭頂部)

    治療15ヶ月
    (頭頂部)

  • 治療開始前
    (後頭部)

    治療15ヶ月
    (頭頂部)

銀座総合美容クリニックの治療体験談

育毛メソセラピーの効果とは?主なクリニックの費用目安と有効成分の注入方法を解説

null
※本記事は2018年11月末時点の情報をもとに作成しています。
※画像は管理人近藤あきらが、2017年7月AGAスキンクリニック取材でメソセラピー体験した際のものです。

AGAクリニックを検索していると、「育毛メソセラピー」の治療を行っているところがあります。

一般的なAGA治療薬(ミノキシジルやフィナステリド)を使った治療に比べ、さらにアグレッシブな治療方法といったイメージがあるかもしれません。

もちろんAGA治療薬でAGAが改善できればそれに越したことはありませんが、体質やタイミングの問題で効果がイマイチだったり、副作用が出てしまうケースもあるわけです。

育毛メソセラピーは、そのような時に考慮に入れる治療方法の一つとして位置づけられています。

  • 育毛メソセラピーが必要かもと思いながらも、「値段が高いから…」「痛いって聞くし…」と二の足を踏む人も多いようです。

しかし、本当に必要な段階であればためらってばかりはいられません。

そこで効果や施術方法はもちろん、痛みなどのデメリットのほか主なAGAクリニックの金額比較も含めて、年々進化を遂げている育毛メソセラピーについて徹底的に調査しました。

育毛メソセラピーの施術を検討する上でぜひ参考にしてみてください。

  • 管理人の近藤あきらは銀クリでAGA治療中です。

    育毛メソセラピーの施術も毎月1回受けています。


銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)


  • また上記画像は、2017年7月にAGAスキンクリニック新宿アイランドタワー院(現在は新宿駅前院に移転)を取材した際のメソセラピー体験の様子です。

    どのような施術が行われるかは、下記のインタビュー記事を参考にしてみてください。

目次

育毛メソセラピーとはどのような施術?

まずは効果や金額を比較する前に、そもそも「育毛メソセラピー」とはどのような施術なのでしょうか?

実はそのネーミングにヒントがあります。

メソセラピーは英語で「Mesotherapy」。

  • セラピーは「治療」や「癒やす」などの意味があります。
    よく使われている言葉なので、ご存知の方は多いかもしれませんね。

    そしてメソは、「中間」や「~の間」を表しています。

もともとメソセラピーは、1952年にフランスの医師であるMichel Pistor氏によって開発された注入技術で、現在は脂肪を溶解する施術やしわ改善治療によく使われています。

それらと区別するために、頭皮への施術は「育毛」がつくわけです。

つまり、育毛メソセラピーとは『頭皮の内部に有効成分を直接注入する薄毛治療方法』ということになります。

育毛メソセラピーは、有効成分をダイレクトに毛根に届けられるため、その20%しか浸透しないといわれている外用薬や、ピンポイントで患部だけに効能を送り込めない内服薬を使った治療方法よりも、効率が良いといえるかもしれません。

  • ただし、いくら効率が良くても1回の施術でOKではありません。

    クリニックによってまちまちですが、1ヶ月に1回の施術を連続6ヶ月で1クールと設定しているところがほとんど。

    3~4回目で効果を実感する人が多いそうですが、最低でも6回は施術を受けることが推奨されています。

  • 管理人の僕が受けている銀クリのメソセラピーも、最初の半年間は6ヶ月で8回の施術(2週間に1回のペースで施術が行われ、3ヶ月目以降からは月に1回)でしたが、現在は月に1回のペースで行っています。

銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)


育毛メソセラピーのメリットとは

育毛メソセラピー最大のメリットは、何と言っても有効成分の恩恵を一番必要なところに届けられることでしょう。

先述したように、頭皮表面に塗るだけでは吸収率も落ちますし、服用となるとピンポイントに効かないばかりか、消化器への影響も懸念されます。

その点育毛メソセラピーであれば、直接注入するので内臓で代謝する必要もなく、消化液で薬効が弱まる心配もありません。
それに、一度にさまざまな成分を利用できるのもポイントです。

また投薬治療に比べて副作用が少ない点も魅力のひとつです。

  • 育毛メソセラピーで注入される成長因子や栄養素は、もともと体内に存在するものなので身体にとって刺激となりません。

    もちろんAGA治療薬の成分が含まれる場合は、内服する際と同様の副作用が起こる可能性もありますが…。

AGA(男性型脱毛症)がある程度進行したり高齢の方の場合、投薬だけではなかなか効果が出ないケースもありますが、育毛メソセラピーの施術も行うことで改善する可能性も出てきます。

ちなみに高齢の方などが効果が出にくいのは、ヘアサイクルのリミットが関係しているわけですが、詳しくは下記の記事を確認してください。

  • 育毛メソセラピーであれば成長因子を注入するため、投薬のみの治療より改善する可能性もありますし、また男性だけでなく女性の薄毛にも効果があるなど万能です。

育毛メソセラピーで注入する代表的な成分とその効果

有効成分が届きやすい育毛メソセラピーですが、やはり肝心なのはどのような成分が注入されるのかという点です。

クリニックや施術を受ける人の頭皮の状態によっても、注入される成分や量、ブレンド率は違うわけですが、よく使用される代表的な成分を紹介します。

フィナステリド

ジヒドロテストステロン(DHT)の生成に関わる5αリダクターゼを抑制し、AGA(男性型脱毛症)の進行を食い止めてくれます。

DHTによって過剰になりやすい皮脂分泌を落ち着かせる効果も期待できます。

ミノキシジル

毛母細胞を活性化し、AGAによりミニチュア化した毛包に働きかけ発毛を促します。
血管を拡張させて血流をアップさせる作用も。

抜け毛をおさえるフィナステリドと一緒に使うことで、より発毛効果が得られやすくなります。

成長因子複合体

成長因子とは細胞の成長や増殖に関わるたんぱく質で、育毛メソセラピーに使われるのは主に3種類あります。

【IGF-1(インスリン様成長因子)】

IGF-1は、コラーゲン増加や細胞分裂を活発化させる作用があり、アンチエイジング効果があります。

毛母細胞や毛乳頭の働きを活性化させ、発毛促進に貢献します。

思春期をピークに加齢の影響で減っていきます。

【VEGF(血管内皮成長因子)】

VEGFには、分岐伸長によって新たに血管を形成させる作用があり、結果として頭皮の血流を増やすことに。

新鮮な血液を送り込み、毛乳頭細胞や毛母細胞に活力を与えます。

【bFGF(繊維芽細胞成長因子)】

bFGFは、細胞増殖因子や血管新生因子、神経栄養因子と幅広い働きを持ち、FGF2とも呼ばれます。

さまざまな細胞に増殖活性を示し、コラーゲンやヒアルロン酸の生成にも関与。

VEGFとともに血管を新生させ、頭皮の血流を改善します。

※これら3つのほかにも、血管新生作用や白髪の発生をおさえるaFGF、毛髪成長に関わるKGF、毛包幹細胞の増殖や分化をうながすチモシンβ4などの成長因子もよく使われます。

コエンザイムQ10

補酵素であるコエンザイムQ10は、高い抗酸化作用を持ち、頭皮や血管の若々しさの維持に役立つため、健康な髪の毛を作り出すことができます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、バツグンの水分保有能力で頭皮のみずみずしさを保ち、潤いのある元気な髪の毛を生み出すサポートをしてくれます。

ただし加齢によって不足してきます。

銅ペプチド

銅ペプチドは、5αリダクターゼを抑制する作用があるといわれているアミノ酸化合物の一種です。

たんぱく質の補修にも効果があり、脱毛予防と髪の毛の生成促進が期待できます。

各種ビタミン

髪の毛の成長に必要なビタミン類をプラスすると、さらなる育毛効果の後押しになります。

  • クリニックによっては、他にも保湿効果があるコラーゲン、血行促進作用のあるセンブリエキス、新陳代謝を促進するニンニクエキスなどがプラスされることがあります。

さまざまな育毛メソセラピーの注入方法

育毛メソセラピーは、もともと注射器による注入方法しかありませんでした

ただ大事な頭部を覆う頭皮には、神経がたくさん通っており痛みにとても敏感です。

  • 痛みに敏感な頭皮に刺していくので、育毛メソセラピーは耐え難い苦行だったわけです。

    その痛みによって、育毛メソセラピーをあきらめる人も多かったとのこと。

しかし、効果が高い育毛メソセラピーを、痛みによって断念するなんてもったいない!ということで、痛みを軽減させる工夫をした施術方法が開発されてきました

育毛メソセラピーの歴史は、効果アップのための研究とともに痛みとの闘いの歴史といっても過言ではありません。

そこで、その闘いによって生み出された多くの施術方法をみてみましょう。

注射器を使う方法

【パピュール法】

表皮と真皮の間に深く針を刺し込む方法で、育毛メソセラピーの元祖です。

確実で即効性はピカイチですが、麻酔は使うものの痛みは強め。
医師の腕によっても、痛みや成果が左右されます。

  • 痛みより効果を優先するために、あえてこれを希望する漢(オトコ)も存在します。

【ナパージュ法】

パピュール法より針の刺し込みが浅いため、痛みが軽くなる分効果を実感するのに時間がかかります。

ナパージュ法もパピュール法も1箇所ずつチクチクと注入していくので、施術時間は長くなります。

注射器ではない針を使う方法

【ダーマペン】

10本ほどの極細針がついたペンで、頭皮に穴を開けていく方法。

注射器を使う方法よりも、施術時間は短くなります

針を刺すため、痛みはやや強めに感じられます。

【ダーマスタンプ】

ダーマペンをスタンプにしたもの。
ずらしながら頭皮上に押し込んでいきます。

スタンプの先には100~150本の極細針がついているので、ダーマペンより効率は上がりますが、痛みは同じくらいです。

【ダーマローラー】

200本ほどの極細針がついたローラーを頭皮に転がして注入していきます。

痛みは上記のダーマシリーズと同様ですが、施術時間は短縮されるためガマン度は軽減されるでしょう。

  • ダーマシリーズは極細針なので、注射針よりは痛みは軽めですが、細い針のため1箇所の注入量が少なくなり、効果もおさえられる欠点があります。

【ヴィタールインジェクター】

5本の極細針が先端ついた水光注射で、頭皮に当てて自動でショットしていく自動注射器です。

先端を真空状態にし、吸いつけてから注入するためムラなくスピーディ。

ただし痛みはダーマ系より少し軽いか同等です。

針を使用しない方法(ノーニードル法)

【フラクショナルレーザー法】

特殊なレーザーで頭皮に極小の穴を開けていき、真皮に浸透させる方法。

レーザーの熱エネルギーは感じるものの、痛みや術後の炎症もほぼありません

【電気穿孔法(エレクトロポレーション)】

頭皮に微弱な電流を流し、表皮細胞に隙間を作って浸透させる方法。

無痛でありながら、注射器を使うパピュール法の深さまで浸透させるだけでなく、頭皮全体にまんべんなく短時間で施術できるので注目を集めています。

  • 管理人の僕はメソセラピーの施術も受けていますが、銀クリはこの電気穿孔法で注射針を使わないため痛みがなく、いつも気持ち良い頭皮マッサージを受けている感じです。

    いちおう承諾書にはピリピリ感や軽い痛みを感じる場合もあると書いてありますが、僕も含めて何も感じず寝てしまう方も多いようです。

銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)


  • 使用する機器の進化順に紹介してきましたが、痛みの強さは進化とともに軽減していきます。

    ただし、治療費はほぼ進化とともに上がっていくので、自分の痛みへの耐性や経済状況などを鑑みて、どの方法を選択すればいいのかよく考えましょう。

主なAGAクリニックの育毛メソセラピーの費用比較、相場の目安はいくら?

育毛メソセラピーの治療費は、当然ながらクリニックや注入方法によって変わってきます。

【平均的な相場】

1回あたり2~9万円、6回1クールで10万円~60万円とされています。

相場と言いながらも、かなり開きがあります。

そこで、代表的なクリニックの育毛メソセラピーにかかる費用をチェックしてみましょう。(※ちなみに金額はすべて税込です)

銀クリ(銀座総合美容クリニック)

銀クリの愛称で親しまれている銀座総合美容クリニックは、育毛メソセラピーがリーズナブルなので人気があります。

【ノーニードル育毛メソセラピー】

1回:19,440円
8回:155,520円(6ヶ月間に8回が1クール)

※ただし1クール後は6回:116,640円(6ヶ月に6回(1ヶ月に1回)が1クール)のペースに変わります。

『配合成分』
ミノキシジル、フィナステリド、成長因子複合体(内容は不明)、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、銅ペプチド

  • 痛みのほとんどないノーニードルでこの金額は破格です!

銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)


AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックは、「月3,400円(税抜)からはじめる発毛治療」と安さを全面的にウリにしていますが、育毛メソセラピーに関してはそこまで安くありません。

【Dr’sメソ治療(AGAメソセラピー)】

1回:(2cc)54,000円(4cc)75,600円
6回:(2cc)324,000円(4cc)453,600円(6ヶ月間に6回が1クール)

『配合成分』
発毛薬成分(ミノキシジルか不明)、IGF-1、bFGF、VEGF、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、銅ペプチドなど、総合ビタミン

  • 注入量が2種類あり、薄毛や経済の状態によって選択できるのは便利かも知れません。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック LP2 ・初回カウンセリング相談:無料
・初期費用(初診、血液検査2回):無料【ベーシックプランは有料】
・1ヶ月の費用目安:税別4,800円~(初回のみ3,400円~)
・駅チカで便利、深夜診療(22時まで)拡大中で仕事帰りも通院可能
・全国51院展開(2018年8月現在)


湘南美容クリニック

CMでもおなじみの湘南美容クリニックは、育毛メソセラピーのバリエーションが豊富です。

【スマートメソセラピー(エレクトロポレーションで5つの成長因子を浸透させる)】

3回:98,000円
6回:192,000円
12回:380,000円

『配合成分』
KGF、HGF-1、IGF、bFGF、VEGF

※一部スマートメソセラピーの施術を行っていないクリニックがあります。
※(初回限定)3回:69,800円で受けられるクリニックもあります。
※分割ローン(要審査)での支払いも可能です。
※詳しくは公式サイトをご確認ください。

【ジェットメソ(ジェット水圧で100種類以上の成長因子を浸透させる)】

1回:79,800円
3回:198,000円(初回限定:158,000円)
6回:360,000円
12回:680,000円

『配合成分』
100種類以上の成長因子が含まれる乳歯髄由来の薬剤

AGA新宿院限定の施術です。
※分割ローン(要審査)での支払いも可能です。
※詳しくは公式サイトをご確認ください。

【クイックメソスタンダード(ダーマペンでフィナステリド、ミノキシジルを注入)】

1回:19,800円
3回:52,800円
6回:92,000円
12回:168,000円

『配合成分』
フィナステリド、ミノキシジル

【クイックメソプレミアム(ダーマペンで5種の成長因子を注入)】

1回:24,800円
3回:67,500円
6回:120,000円
12回:198,000円

『配合成分』
KGF、IGF、HGF-1、bFGF、VEGF

※クイックメソの施術は一部のクリニックにかぎります。
※1回以外は分割ローン(要審査)での支払いも可能です。
※詳しくは公式サイトをご確認ください。

  • 湘南美容クリニックは全体に割高。
    ただ配合成分や注入方法が選べる自由さはあります。

SBC湘南美容クリニック(旧SBC湘南美容外科クリニック)

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛) ・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:無料(血液検査が必要な場合は税込み2,160円)
・1ヶ月あたりの料金:3,000円(税込)~(初回のみ1,800円~)
・リーズナブルで治療を始めやすい
全国56院展開(2018年8月現在)


  • それにしてもAGA治療は自由診療とはいえ、クリニックによってこんなにも違いがあるとはオドロキ!

    ジックリと検討してから選ばなければいけないですね。

頭皮に有効成分を注入するHARG療法と育毛メソセラピーは別物?

頭皮に有効成分を注入する施術に『HARG療法』があります。

頭皮に注入するので同じような感じもしますが、実際に育毛メソセラピーとHARG療法は何か違う点があるのでしょうか?

HARGは「Hair Re-generative theraphy」の略で「毛髪再生治療」の意味。

つまり、HARG療法とは成長因子を頭皮に注入する毛髪再生治療のことです。

現在桜花クリニックの院長を務めている福岡大太朗氏が開発した治療方法で、幹細胞から抽出された成長因子を直接頭皮に注入することで発毛を促進させます。

150種類もの成長因子が配合された『HARGカクテル』を注入するのが特徴です。

HARGカクテルには、成長因子のほかにも育毛メソセラピーでも使われる育毛成分や栄養成分もブレンドされています。

HARG療法は、福岡氏が会長を務めている日本医療毛髪再生研究会の認可を受けたクリニックでのみ受けられます。

その際、どこのクリニックでも同じクオリティのHARG療法が提供できるよう、日本医療毛髪再生研究会指定のHARGカクテルが治療に用いられます

四谷ローズクリニック

・痛みのないHARG療法の実現!
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:80,000円~
・1ヶ月あたりの料金目安:約80,000~150,000円


一方、育毛メソセラピーは、日本医療毛髪再生研究会に所属していないクリニックが独自のブレンドで行うものを指します。

HARG療法が開発されたばかりのころは、成長因子を注入するのにはそれ以外に方法がなかったため、成長因子が含まれていればHARG療法、それ以外の注入治療を育毛メソセラピーと呼び、明確に分けられていました。

ところが最近では、日本医療毛髪再生研究会に属さないクリニックでも成長因子がブレンドされるようになり、その境界があいまいになってきたのです。

  • 患部に直接注入するという「育毛メソセラピーの定義」を考えると、結局HARG療法も育毛メソセラピーの仲間になります。

    なので、この二つは別々に考える必要はなく、HARG療法は育毛メソセラピーの中の一種のブランドととらえてもいいかも知れませんね。

現在業界内では、呼び方に以下のような暗黙のルールがあるようです。

発毛効果をアピールするために『毛髪再生メソセラピー』と呼ぶなど、中には「育毛」より踏み込んだ印象をアピールするクリニックもあります。

HARG療法→HARGカクテルを注入する日本医療毛髪再生研究会に属したクリニック

育毛メソセラピー→それ以外

育毛メソセラピーの治療手順、まずはカウンセリングを受けよう

それでは育毛メソセラピーを受ける際の手順をご紹介します。

ただしクリニックによって若干異なるので注意してください。

問診・カウンセリング

一般的なAGA治療と同様に、まずは問診とカウンセリングからスタートです。

薄毛に対する悩みやこれまでしてきた薄毛対策、今後の希望などの聞き取りから治療内容の説明まで行われます。

各種検査

育毛メソセラピーに使われている成分が合うかどうか、血液検査(クリニックによっては遺伝子検査)が行われます。

治療

いよいよ育毛メソセラピーの施術です。

時間や準備内容は注入方法によって違い、ニードルを使う方法では麻酔や冷却なども行われます。

術後問診・処方

術後の状態をチェックし、必要であれば術後処理が行われます。

投薬治療も希望する場合は、薬の処方と服薬指導も受けます。

  • 流れとしては大体このような形で進みます。

    もし治療を受けたあとに体調の変化や心配事が出てきた場合は、すぐにクリニックに相談しましょう。

育毛メソセラピーの副作用と初期脱毛について

育毛メソセラピーは、投薬治療より副作用が少ないといわれています。

ただしトラブルがまったくないわけではありません。

頭皮に直接注入する治療のため、どうしても炎症や痛みを感じるケースがあります。

  • 時間の経過とともにおさまるような問題ないケースがほとんどですが、それでもあまりにも長引く場合はすぐにクリニックに連絡しましょう。

またミノキシジルフィナステリドといった副作用の心配がある成分を注入した際にも、体調の変化がないかしばらく様子をみましょう。

動悸や息切れ、めまい、かゆみ、むくみ、倦怠感などが起こった際には早めの受診をオススメします。

これらの成分だけでなく、比較的安全とされているコエンザイムQ10やヒアルロン酸、銅ペプチドも、稀にアレルギーを起こすケースがあります。

特に初めて育毛メソセラピーを受ける際には、体調の変化に充分注意してください。

そして副作用ではありませんが、育毛メソセラピーでも投薬治療と同様に初期脱毛がみられることがあります

初期脱毛とは、治療によって太く強く成長した髪の毛が、AGA(男性型脱毛症)のヘアサイクルの乱れで増えてしまった細く弱い髪の毛を押し出して一時的に抜け毛が増える現象です。

初期脱毛は誰でも実感するものではありませんが、治療効果が現れた証拠でもあるので、抜け毛が増えるのはむしろ喜ばしいことでもあります。

  • せっかく高いお金を払って治療したのに、抜け毛が増えるなんてもの凄くショックだと思います。

    しかし初期脱毛は、次に生える髪の毛のモトがパワーアップして今生えている休止期の弱った毛を押し出すために起こるものですから、悪化ではなくAGA改善の兆しです。

    ただし、何らかのトラブルで脱毛してしまった可能性もあるので、初期脱毛かどうか判断がつかないようでしたら医師の診察を受けてみてくださいね。

  • ちなみに僕は初期脱毛を感じませんでした。

    季節の変わり目には抜け毛が増えるケースもありますし、そもそもAGAに関係なく誰でも毎日50本ほどは髪の毛が抜けるわけなので、気付かない方も多いようです。

事前に費用や配合成分をチェックし、自分にあったクリニックで育毛メソセラピーの施術を受けよう

毛根に直接有効成分を届ける育毛メソセラピーは、一般的な投薬治療の限界を突破できる可能性があります。

しかし、どんな薄毛にも効果があるかといえば疑問。

いくら進行したAGA(男性型脱毛症)に効くといっても、ヘアサイクルの回数のリミットを超えてしまった毛根では、いくら成長因子を送り込んでもムダになってしまいます。

また敏感肌の人では、刺激の少ないノーニードル法でも炎症を起こしてしまうケースもあるなど、配合成分にも注意が必要です。

それに1回分ずつの料金が設定していればお試しで施術も受けられますが、6回など複数回からのメニューしか用意していないクリニックもあるので、育毛メソセラピーを始める際にはいろんな条件をよく確かめて、本当に自分に合っているかよく見極めてからにしましょう。
高額な治療ですから、事前にしっかりと比較検討し、後悔のないように気をつけてくださいね。

もし、育毛メソセラピーの施術を受けたいけど、高額などの理由で断念せざるを得なかった方には、2018年10月1日に発売された、自宅用メソセラピーと言っても良い商品「疑似成長因子・頭皮塗布用リキッド」がリーズナブルです。

その名も『メソセラポス スカルプリキッド』。

これまで売られていた成長因子配合の頭皮用エッセンスの3分の1以下の価格設定で、早くも注目を集めています。

そもそもこれまでの商品は成長因子が失活してしまい、効果自体ありませんでした。

その成長因子の失活を、メソセラポスは疑似成長因子によりカバーしています。

AGA治療との併用もできますので、まずはこちらから気軽に試してみるのもいいかも知れませんね。

  • 痛みに弱い鳥沢も、1本買ってみようかと思案中です。

    成長因子の失活に関する詳しい情報は、以下の記事でも確認してみてください。

メソケア+ メソセラポス スカルプリキッド

メソセラポススカルプリキッド ・従来の成長因子の弱点である失活を疑似成長因子がカバー!
・成長因子の注入治療『メソセラピー』の施術が自宅で簡単にできる画期的なセルフケア商品
・AGA治療の新たなサポート役!内服薬や発毛剤との併用も可能
キャピキシルピディオキシジル配合
定価:11,000円(税込)
・120ml 約1.5ヶ月分


  • 僕は銀クリでミノキシジルとフィナステリドの内服薬と、月に1回ノーニードルメソセラピーの施術を受けて治療しています。

    銀クリのメソセラピーはリーズナブルなので、毎月の支払いも問題なく安心して治療を継続できています。


銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月あたりの料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)




関連記事

ライター情報

近藤 あきら

近藤 あきら

25歳を過ぎた頃から頭部に暗雲が立ち込め始め、気が付けば徐々に毛が生えない荒野と化していった。  慌てて育毛剤などを試すも効果なく、ハゲを治す最後の頼みの綱として、都内にあるAGAクリニック『銀クリ(銀座総合美容クリニック)』で治療を受けることを決断し、現在も通院中!  『公益社団法人 日本毛髪科学協会』会員。  毛髪診断士の資格取得を目指し、日々勉強しています!

  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • line
  • AGA治療クリニック 突撃!取材レポート